無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 梅の恵みと暮らしの愉しみ   

今まで、スーパーで梅の実が並んでいるのを見ても、なんとも思わなかったのに…今年は気になって気になって仕方ありませんでした。

b0054956_028017.jpgそこで試しに梅1kg購入して、梅酒と梅サワーに挑戦。実家の母にそのことを話していたら、「梅たくさんもらったから、もっと漬けるか?」と電話があり、少し分けてもらって、今度は梅シロップに。

梅酒や梅サワーはできるまで何ヶ月もかかるけど、梅シロップは10日ほどで味わえます。






b0054956_0375253.jpgそうしてできた梅シロップは、紅梅を使ったからでしょうか、珊瑚色を少し濃くしたような、ピンクとオレンジが重なったとても綺麗な色。太陽に透かしてみたりして、長い間うっとりと眺めてしまいました。

この梅シロップは、炭酸や水で割ったりジュレにしたり、ヨーグルトにかけたりして楽しんでいます。


b0054956_044221.jpgそれにしても、漬ける前と漬けた後では、明らかに梅の大きさが違いますよね。すっかりエキスを搾り取られ、しわしわになった梅がとても献身的に見えてきた。そんな梅さえも取り出して、その実をかじったり、種を除いてジャムにしたり。。

その恵みを余すところなく私たちに差出し、暮らしの愉しみを広げてくれる梅ってすごいなぁと感動、そして感謝。。


b0054956_030557.jpg
って、ありゃ?ジャムはまるでのり佃煮のようですが…

でも味は甘酸っぱくておいしい。



b0054956_0533956.jpgその後、さらに別なところからいただいた梅で作った、梅シロップの第2弾。なんと今度は黄金色!

梅シロップを味わいつつ、梅酒と梅サワーが飲み頃になるのを待ってる時間も、これまた愉しい。


レシピはこちらの「梅のある生活」のサイトと、スーパーでもらってきた梅レシピがいろいろのったチラシを参考にしました。


+ +
以下、自分の覚書

梅酒(6/11)
 梅…1kg
 果実酒…1.8L
 氷砂糖…400g
梅はさっと水で洗って水分を拭き、竹串でなり口のホシをとる(以下、梅の処理同じ)
材料を、清潔な容器に入れて保存(大きいビンがなかったので、ホーローのお鍋で代用。でも、中身の様子がまったくわからないので、やっぱりビンが必要ですね。)

梅サワー(6/11)
 梅…200g
 りんご酢…200cc?
 氷砂糖…100g
を、清潔な容器に入れて保存。
りんご酢を使ったのは、たまたま家にあったから。普通の酢でもOK。

梅シロップ
 一晩凍らせた梅…700g
 氷砂糖…500g
 グラニュー糖…200g
 (2回目は全部上白糖 1回目よりさらっとした味わいか)
を、清潔な容器に入れて、砂糖が溶けるように毎日振る。
砂糖が溶けたら、実を取り出して少し煮詰め、清潔な容器に入れて保存。
ジャムは種を取り除き、重量の3割程度の砂糖とひたひたの水で煮詰める。
(実はミキサーなどで細かくした方がきれいにできる?)

[PR]

by 723balance | 2007-07-14 00:55 | MyLifeStyle

<< フレアーカーディガン 6月の復習料理 >>