無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ワークショップ ふたつ   

家で一人でするソーイング生活にちょっと変化が欲しくなったのか、突然ワークショップに参加したくなって、とりあえず2つほど参加してきました。

まずは、がま口教室。
b0054956_1838148.jpg


用意された生地の中から好きなものを2枚選び、芯と裏布を縫い合わせて、口金をつけるという内容。表の生地も芯も裁断済だし、裏布はすでに縫い合わされているし、口金をつけるところがメインという感じでした。




b0054956_18385880.jpg
手芸関係のワークショップであれば何でも良かったのですが、結果的に以前作ったがま口のリベンジを果たすことに。

何というか、普段たくさん制作されている人のやり方や道具の使い方には、効率良くキレイに仕上がるためのコツがいっぱいつまっていますね。それらは決して一朝一夕に出来上がったものではなく、長い時間をかけて編み出した方法だったりすのですが、習うということは、そういうノウハウを短い時間のうちに教えてもらうことでもあるんだなぁ、と改めて感じたのでした。

あとからヒモをチェーンに替えて長さを調節できるようにしたら、先日のフリマで大活躍。斜めがけして、お金の出し入れにちょうど良かったです。


次はフェルト教室。

b0054956_18415063.jpg
色とりどり羊毛の中から、3〜4種類ほど選び、ちぎってほぐして針でつついて・・・
フェルトのお花のブローチを作りました。羊毛をフェルト化するのに石けん水につけるのかと思っていたんですが、専用の針でつつくというやり方をしました。こういう方法もあるんですね〜。

お花の真ん中にビーズやパールをつけて仕上げるのですが、材料費別だったため、家に帰ってから手持ちのものをつけました。お手本はもっとふんわりした丸でしたが、私のは… でも、私のブログにもようやく秋がやってきた感じ。

お持ち帰りのパッケージもこれまた感動で、紙コップに乗せて鉢植え風にアレンジしてくださいました。洋服に合わせたらちょっと大きすぎたので、このままの状態で玄関に飾ってます。
b0054956_18422058.jpg

+ +

ワークショップに参加して、普段とは違うものづくりを体験でき、先生や他の参加者から、ものづくりをはじめたきっかけや、普段どういうハンドメイドをされていて、どんなお店が好きか、なんて話も聞けて、いい刺激になりました。これからも、ちょくちょく見つけて参加したい。

ちなみにどちらの教室もトレードマーク京都というところなんですが、京都でなかなかこういうワークショップ情報を見つけるのは難しい気がします。面白そうな公開講座・ワークショップをいくつか↓見つけたんですが、もっとこういう情報を収集したいです。

トレードマーク京都  http://www.trade-mark.jp/
精華大学(公開講座) http://www.kyoto-seika.ac.jp/garden/index.html
精華大学(shinbi)   http://www.shin-bi.jp/modules/wordpress2/index.php?cat=1
自由空間SAKANA   http://sakanamiwa.exblog.jp/

[PR]

by 723balance | 2006-10-03 18:52 | ソーイング-バッグ・雑貨他

<< ISO100で試し撮り 和裁教室−12−浴衣完成! >>