無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 7月の和菓子ー盛夏の輝きー   

b0054956_18213718.jpg
昨日は月に一度の和菓子教室。
今月のお菓子は
 ・夏衣(なつごろも)
 ・水辺
です。

「夏衣」は、道明寺粉を混ぜた寒天であんを包んだお菓子です。あんにはゆかりをまぜていて、あと味爽やか。道明寺粉は、モチ米を干して細かくしたもので、これを水で戻すと、モチ米を蒸す時の木の香りがふわっと漂います。衣の白いつぶつぶがそれ。食感もモチモチ。見た目も涼しげで、あんにも衣にもひと工夫あっておいしかったです。


もう一つの「水辺」なんですが…これについてはちょっと話が長くなります。
これは鮎が泳ぐ清流の川の中を表したお菓子で、この教室に通うずっと前からパンフレットを眺める度に、その造形美に「なんとまぁ」と釘付けになっていました。そして、ようやくこれを作る日が!この日をずっと楽しみにしていたんです!

作ってる時も、出来上がりを眺めてる時も、こんなにワクワクするお菓子に今まで出会った事がありません。




まず中で泳いでいる鮎、これはようかんを薄く切って鮎型で抜いたもの。川底の石ころは、白あんをまるめたものと甘納豆で作っています。しろあんには、黒ごまをまぜたり、こしあんをまぜてマーブル状にしたり…さらに大きさや形を不揃いにして、より自然な感じを演出しています。芸が細かいっすよね!

まわりのかんてんは抹茶(抹茶かん)と透明(錦玉かん-きんぎょくかん-)の二色に
b0054956_1822176.jpg
なっていて、下の抹茶かんは川底の水苔を、上の錦玉かんは清流の中を表しています。錦玉かんには透明度を上げるために多量のグラニュー糖が入っています。

さて、小道具たちが揃ったら、いよいよ流し箱に詰めていきます。まずは抹茶かんを流し入れ、固まり始めたら小石を手早く並べます(写真はこの時の状態)。それから、乾ききらないうちに錦玉かんを静かに流していきます。抹茶かんが乾いてからでは、食べる時に層がはがれてしまうのです。

錦玉かんが固まり始めたら、今度は鮎を泳がせます。竹串を格子状に置き、均等になるよう並べ入れます。えさの水苔を食べる様子を表すために、口を下の方に傾けるのがポイント。そして十分冷やして切り分けたら…

涼やかで楽しい和菓子の出来上がり!
b0054956_18323928.jpg

…と、思わず作り方まで説明してしまいましたが、これはもう食べる芸術品ですね。
作ってもやっぱり感動しました。これを考えた人にお会いしたい。
[PR]

by 723balance | 2006-07-09 18:46 | 料理教室

<< ラップフレアースカートの作り方 桂米朝一門会 >>