無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 タグ:京都 ( 43 ) タグの人気記事   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 着物で花灯路   

b0054956_2134458.jpg日曜日に花灯路に行ってきました。花灯路とは、青蓮院から清水寺までの露地に行灯が灯されていて、その路を散策する行事です。詳しいことはこちらを参照。

青蓮院に初めて行ったのですが、あんどんの頼りない明かりが幻想的でした。今度は昼間の青蓮院に行ってみたいものです。緑のみずみずしい季節に。


その花灯路に着物を着ていったのですが、帯と草履は正月の福袋で買ったものを身に付けていきました。ちなみに帯は半幅帯。

b0054956_21315425.gif素材が正絹ではなくポリエステルなのでどうかな〜、と思っていたのですが。。
◆まず帯について…
 ほどほどに柔らかく、ほどほどに張りがあり、扱いやすかったです。着ているうちに帯がゆるむ事もなく、また苦しくもなく体に馴染んでる気がしました。
◆草履について…
 履き心地は柔らかく、結構歩いたのですがぜんぜん痛くありませんでした。

という訳で意外とスグレモノでした。来年は着物の方も買ってみようかな。ポリエステルだから逆に気軽に着れるかも。来年の正月なんて気が早いですけど。
[PR]

by 723balance | 2005-03-14 21:46 | 着物 | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 秋の京都 −金閣寺−   

(11/25、26のつづき)

b0054956_1648314.jpg仁和寺、龍安寺に続きやってきたのは金閣寺でした(写真は金閣寺の全景図)。
受付で拝観料400円を払い、受け取った拝観券を見るとなぜかおふだでした。

b0054956_16481978.jpg金閣の前にやって来たのは3時半頃だったのですが、夕暮れ前の日差しがちょうど金閣に当たり、黄金色にキラキラと輝いていました。なんと美しい。見る人は誰も、「わぁー」と歓声を上げうっとりしていました。


境内は、修学旅行生が時間がないのかダッシュして見て回ってる。私はとりあえず順路に沿って一通り見て歩きました。

b0054956_21291014.jpg入口(黒門)から

注)中央に写っているのは私ではありません。念のため。。

b0054956_21291925.jpg出口から




金閣寺の紅葉ですが、特に色が鮮やかなわけでもなく、色とりどりなわけでもなく、どちらかというと沈んだ感じの色合いに思えました(ただ、他の紅葉を見ていなければ、そういう風に感じなかったかもしれません)。紅葉も苔も龍安寺の方がきれいだった。でも、それより何よりここには金閣がある!西日を浴びて輝いている金閣は、美しいを通り越してありがたくさえ感じました。

ところで受付でもらった拝観券代わりのおふだ、正直扱いに困るなー、と思っていたらこんなもの↓を見つけました。「ご不要な方のお札入」。私はここで迷わず投入。
b0054956_1775992.jpgb0054956_16484041.jpg

半日で3ケ所の紅葉を見て回ったらさすがに疲れたので、出口手前にある茶所で、お抹茶を頂きました。中に小豆の入った和三盆のお干菓子がセットになって500円也。お庭を眺めながら、ほっこり。




ひと休みした後、間近に見える左大文字を眺めながら家路に着いたのでした。b0054956_21292987.jpg




気が付けば、今年は約10日間のうちに相国寺(11/1611/24)京都御所(11/17)上賀茂神社(11/21)京都府立植物園(11/21)高桐院(大徳寺)・今宮神社(11/23)仁和寺(11/25)龍安寺(11/25)、金閣寺(11/25)と見てきました。途中から「観賞」「堪能」を通り越して「意地」「ヤケ」「狂」になりつつありました。もうお腹いっぱい。1シーズンの間にこれだけの紅葉を見ることは、これから先そうそうあることではないと思います。といっても、結構手近なところで済ませているのですが。普段の行動範囲から少し足を伸ばすだけでこれだけの名所があるというのは、やはり京都ならではの財産だなぁと思います。

近年の京都の紅葉を振返ってみると…
平成14年の紅葉は急激な冷え込みのお陰で全体がすごく鮮やかに色づき見事だったのに対し、その翌年の平成15年は暖かい日が続き、全体的に茶色っぽく無惨なものでした。今年はというと、葉先だけが色づいて中心部分はまだ青いものが多く、色とりどりでカラフルな印象でした。(単に紅葉が遅い為か?)12月に入ってもまだ楽しめるのではないでしょうか。

さて、長文にお付き合いきただき、ありがとうございます。この数日間の日記で、みなさんに今年の京の紅葉が少しでも伝われば幸いです。また、感想などコメントいただければ私の「狂」も救われます。。(紅葉日記については、右側の「カテゴリ」から「京都」へアクセスしてください。)

とりあえず、私の今年の紅葉狩りはこれで一区切りつけようと思います。そろそろ服作りに戻ろう。買ったまま放置している生地が私を呼んでいる。でも、美しい紅葉をみつけたら、その時はまたブログにアップしますね。
(終)
[PR]

by 723balance | 2004-11-27 17:32 | お出かけ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 秋の京都 −龍安寺−   

(11/25のつづき)今回は写真を多めにアップしてみました。

b0054956_20325311.jpg仁和寺の紅葉を見た後、龍安寺に向かいました。仁和寺、龍安寺、金閣寺は、近くに位置するように見えて、意外と微妙な距離。自転車でそう感じたんだから、歩くと結構大変かも。

龍安寺は学生の時に1、2度行ったことがあるのですが、久々に行って「こんなに広かったかいな」と思いました(写真の全景図参照)。石庭しか印象がなかったですが、大きな池(鏡容池)があり、その周りに回廊庭園がありました。池に沿って左に進んでいくと、途中で順路と逆を歩いてることに気が付きました。引き返そうかどうか一瞬迷いましたが、そのまま逆走することにしました。特に不都合はなかったです。ちなみに拝観料は500円。

龍安寺の紅葉ですが、山門(龍安寺入口)を抜けて(左に行かずまっすぐ進みましょう)参道を通り、石庭のある方丈に至るまでの道はきれいに染まりつつあって、しばらく紅葉が楽しめそうです。回廊庭園は緑のものが多くまだまだこれから、という感じでした。

山門ともみじ
b0054956_20334475.jpg

石庭
b0054956_1336395.jpg

方丈西庭
b0054956_20332712.jpg

平日なのにたくさんの人           まだ青いもみじ
b0054956_20331942.jpgb0054956_20442873.jpg



龍安寺の景色で特に記憶に残っているのは、しっとり、ふっくらとした質の良い苔でした。そのため全体として青々とした印象が強く、黄や赤に色づいた木々がいっそう鮮やかに目に映りました。もちろん苔の上に舞い降りたもみじの葉も、一段と美しいものでした。

ちなみに、龍安寺は臨済宗妙心寺派に属するようです。おぉ、こんなところでも臨済宗つながりが。臨済宗のお寺は枯山水などお庭が美しいところが多い気がする。禅の宗派だからかな。


方丈の東北に据えてある銭のつくばい。禅の格言を図案化したもの。
「吾唯足知(ワレタダタルヲシル)」
b0054956_1814965.jpg

英訳を見ると… I learn only to be contented.


(つづく)
(その他の紅葉日記については、右側の「カテゴリ」から「京都」へアクセスしてください。)
[PR]

by 723balance | 2004-11-26 20:57 | お出かけ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 秋の京都 −仁和寺−   

京都で生まれ育ってきましたが、かつてないほど今年は紅葉を見て回ってます。途中からなんだかもう意地になってきました。何に対する意地なのか。だんだん非日常であるはずの空間が日常に思えて、感覚がマヒしてきました。

b0054956_18114429.jpgさて、今日は仁和寺、龍安寺、金閣寺に行ってきました!まずは、仁和寺の紅葉について。(写真は仁和寺全景図)


今日は天気予報では快晴だったのに、朝から薄曇り。昼から自転車で出かけ、衣笠のあの辺の坂を一生懸命こいでいると、そのうち光が差して軽く汗をかくほど暖かくなってきました。とりあえず金閣寺と龍安寺の前を通り過ぎ仁和寺に向かいました。自転車ではなかなかキツいです、あの坂。

b0054956_18115491.jpg仁王門を抜けて左手は御殿や庭園など(拝観料500円が必要)がありますが、私はまっすぐ進んで境内をざくっと見て回りました。紅葉は見ごろ。その中でも観音堂(重要文化財)のそばにあるもみじは立派なものでした。ここで写真を一枚。


b0054956_21492437.jpg仁和寺は紅葉よりも桜が有名ですね。今の「御室桜」の写真を撮ってみましたが、近すぎてわかりにくいですね。御室桜はたぶん見たことないんですが、この桜が一斉に咲いたら、それはもう見事だと思います。


b0054956_21494349.jpg境内には五重塔がありましたが、その周りの葉は散っていたので、紅葉と一緒に撮ることはできませんでした。それでもとりあえずカメラを構えていると、団体の観光客に境内を案内をしている住職らしき人の話が聞こえてきました。それによると、この五重塔は全国にある五重塔の中でも、特に古いわけでも高いわけでもないが、日本で一番茶の間で親しまれているとのこと。というのも、ここは時代劇のロケ地としてよく利用されているらしく、「遠山の金さん」や「暴れん坊将軍」などに登場しているかららしい。へぇー。今度テレビで時代劇見かけたらチェックしてみよ。

そんな説明を後にし、龍安寺に向かいました。(つづく)

(その他の紅葉日記については、右側の「カテゴリ」から「京都」へアクセスしてください。)
[PR]

by 723balance | 2004-11-25 21:57 | お出かけ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 秋の京都 −相国寺2−   

b0054956_2321226.jpg相国寺へ2度目の訪問をしてきました。前回見た時よりだいぶ紅葉は進んでいましたが、茶色っぽい感じになっていてあまりきれいではありませんでした。


b0054956_23145214.jpgでも前回見た、緑と赤のコントラストのきれいなもみじはすっかりきれいに色づいていました。


b0054956_23143916.jpg「瑞春院」というところのもみじで、ここには水琴窟(すいきんくつ)があるようです。入り口のところに「拝観10時ー3時 4人以上 インターホンでお申し込みください」というはり紙がありました。

相国寺は紅葉の名所というわけではないですが、なんだか由緒あるお寺のような感じがしたので、ネットでいろいろ調べてみました。

・足利三代将軍義満が創建
・法堂(はっとう)は現存する法堂では最古のもの
・法堂の天井には巨大な龍「蟠龍図(ばんりゅうず)」が描かれていて、天井の下で手を打つとよく反響することから「鳴き龍」と呼ばれる
・臨済宗相国寺派の総本山で京都五山の第二位に列している
・京都五山とは、南禅寺を別格で「上位」とし、天竜寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺のことを言う
・金閣寺、銀閣寺は相国寺が総本山

どのページにもだいたいこんな情報が書かれていました。最初の三つは相国寺の特徴として理解できるのですが、後の三つが???。相国寺だけを見ていてはこれ以上分からない気がしたので、臨済宗について調べてみると少しモヤモヤしたものが晴れてきました。

臨済宗とは、日本の「禅」の宗派のひとつで、さらに南禅寺派、相国寺派、建仁寺派などのいろいろな宗派があるそうです。そして、それぞれに本山があり、前述の宗派で言うとそれが南禅寺であり、相国寺であり、建仁寺ということらしい。昨日行った大徳寺は大徳寺派の総本山ということもわかりました。なんだかつながってきたぞ。京都五山とは京都の臨済宗の五大寺のこと。相国寺の公式サイトに「金閣寺」と「銀閣寺」の説明もあった理由もわかりました。相国寺は金閣寺や銀閣寺の親だったのです。

今までどれも同じように感じていた京都のお寺ですが、一つのくくりが見えてきたような気がします。これでパンフレットとか見ても少しは理解できるようになったかしら。

せっかく調べたので、今度相国寺へ「龍の鳴き声」を聞きに行きたいものです。


(その他の紅葉日記については、右側の「カテゴリ」から「京都」へアクセスしてください。)
[PR]

by 723balance | 2004-11-24 23:31 | お出かけ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 秋の京都 −高桐院(大徳寺)−   

今日は大徳寺の高桐院(こうとういん)という所の紅葉を見に行ってきました。大徳寺は、北大路通りと北山通りに挟まれた紫野にあります。

b0054956_22444923.jpg北大路通りに面した入口をくぐり抜け中に入っていくと、大徳寺山内略図を見つけました。高桐院の場所を確認しようとその略図を見たところ、あまりの広さ思わずのけぞってしまいました(写真参照)。そして思いのほか庭の美しいところでした。今日は天気も良かったので、着付けの練習を兼ねて着物を着て行ったのですが、ただ歩いてるだけで楽しかったです。

大徳寺には21の塔頭(たっちゅう)と呼ばれる小院があるのですが、そのうち常時拝観できるのは龍源院・瑞峯院・大仙院・高桐院の4院だそうです。その中で高桐院が紅葉の名所でもあるということだったので、写真を撮ってきました。拝観料は大人400円。

人が途切れることのない参道
b0054956_22452457.jpg

南庭を眺める
b0054956_21252835.jpg

西庭の紅葉
b0054956_22463750.jpg


紅葉の具合としてはどうなんだろう。。参道も南庭もピークを迎えた感じ。西庭はまだしばらく楽しめそうかな。個人的には、高桐院の北側に位置する「竜翔寺」の紅葉が良かったです。ここは非公開なので門から眺めるだけしかできないのですが、南側にある竹林が光を遮って辺りが暗い分、この色とりどりの紅葉がとても美しく映えていました。
b0054956_22465828.jpg


高桐院の参道と竜翔寺の紅葉だけなら、無料で紅葉が満喫できます。


b0054956_18173970.jpg竜翔寺の前を通り過ぎて西に向かうと今宮参道に出ました。そこから北に向かって今宮神社にも寄ってみました。今宮神社にももみじが数本あって色づいていましたが、あえて見にくる程でもないでしょう。でも、ここのあぶり餅は有名なので近くに来たら味わってみるのもいいと思います。私も食べようかと思ったのですが、行列が出来ていたのでやめました。以前食べた時のブログはこちら

左が「一和」右が「かざりや」。どちらもあぶり餅屋さん。


(その他の紅葉日記については、右側の「カテゴリ」から「京都」へアクセスしてください。
[PR]

by 723balance | 2004-11-23 22:56 | お出かけ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 秋の京都 −京都府立植物園−   

昨日の続きです。
昨日は午前中上賀茂神社に行った後、植物園に向かいました。植物園北門前のパン屋でパンを購入し、中に入ってとりあえずお昼を食べました。入園料は大人200円。

その後、園内を一通り歩いて回りました。紅葉スポットは「なからぎの森」の池周辺のようです。もみじの周りには本格的に写真を撮りに来ている人たちがたくさんいました。

個人的な感想としては、上賀茂神社の紅葉より植物園の方がきれいで色づいている本数も多く、見応えがあるような気がしました。でも、植物園のきれいさは人の手によって整えられたものというか「整然としたきれいさ」のように感じました。「美しい」ではなく「きれい」。「綺麗」よりも「きれい」。

帰って写真をみたら、かなりたくさん撮っていたにもかかわらず、どれも同じような写りのものばかり(適当に撮ってるもので)。。とりあえず、植物園の紅葉の様子が伝わりそうなものをピックアップしてみました。

b0054956_1852185.jpg

b0054956_1853147.jpg



b0054956_1855581.jpgこれは紅葉とは関係ありませんが、水車の写真です。これを見ると思い出すんです。小学校低学年の頃、いとこと2人で植物園に遊びにきて、この水車の回転部分に入り込み、まるで回し車の中を走るハムスターのように遊んでた事を。足下は苔ですべっておぼつかない。もちろんこけて服はびちゃびちゃ。途中、園内の人に注意されても止めず、やってはいけないと知りつつあえてそれを破るのが楽しかったのか、夢中になって遊んでたら、いつの間にか閉園時間が過ぎてて門が閉まっちゃってました。どうやって出て、どうやって帰ったのかは覚えてません。塀でも乗り越えたかな。その時感じていた植物園は広くて大きかった。


(その他の紅葉日記については、右側の「カテゴリ」から「京都」へアクセスしてください。)
[PR]

by 723balance | 2004-11-22 18:41 | お出かけ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 秋の京都 −上賀茂神社−   

今日は、上賀茂神社と京都府立植物園に行って写真を撮ってきました。まずは、上賀茂神社を散策。着いたのは朝の10時過ぎ頃です。

昨日に引き続き好天に恵まれ、神社の境内は七五三詣や団体の観光客で賑わっていましたが、紅葉は思ったよりも進んでいませんでした。まだまだこれから!というよりも、今年はこれ以上期待できないのでは、ふとそんな感じがしました。朝晩の冷え込みが足りない。

そんな中で、とても鮮やかなもみじが1本ありました。鮮やかというよりも、強烈な色であまりに赤みが強く、デジカメを構えると自動調整されてしまい、白っぽく写ってしまったほどです。

実物はこれよりもっと深い紅でした
b0054956_18574716.jpg

誰かが散りばめたもみじ
b0054956_18575832.jpg

御手洗川の支流にて
b0054956_1858144.jpgb0054956_18582221.jpg


一通り境内を歩いたら少し小腹が減ったので、「一の鳥居」の外にあるやきもち屋さんにて、1個105円のやきもちを2個購入しました。1つはその場で食べて、残りの1つはお土産用にしました。出来たてなのか、もちが柔らかい。ちなみにこちらは携帯で撮影。手に持つやきもちの向こうにぼんやり映っているのが「二の鳥居」です。
b0054956_17383335.jpgb0054956_17384613.jpg


その後植物園へ向かいました。続きはまた明日。。

(その他の紅葉日記については、右側の「カテゴリ」から「京都」へアクセスしてください。)
[PR]

by 723balance | 2004-11-21 17:41 | お出かけ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 秋の京都 −御所−   

今日は天気が良かったので、お昼の休憩時間に御所に行って写真を撮ってきました。御所にしても相国寺にしても松が多いので、全体的に青々とした印象でした。

中の方に向かって歩いて行くと、小学校1〜2年生くらいの集団が木陰でお弁当を食べていました。赤白帽かぶってたけど遠足かな?その集団の近くで写真を撮っていると、子供達の会話が聞こえてきました。

女の子A:「なぁなぁ、あんた何座ぁ〜?」
男の子:「ぎょうざー!」
女の子B:「おうしざぁ〜」
女の子C:「うちのお母さん、みずがめざぁ〜」
男の子:「ぎょうざ〜」(みんなの声に紛れていく)

…子供同士の会話って、言いっぱなしだな。


さて、御所で撮った写真です。

大いちょう
b0054956_1853260.jpg

3色のもみじ
b0054956_18531631.jpg

清所門ともみじ
b0054956_18532555.jpg

空は秋晴れ
b0054956_18533322.jpg


(その他の紅葉日記については、右側の「カテゴリ」から「京都」へアクセスしてください。)
[PR]

by 723balance | 2004-11-17 20:01 | お出かけ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 秋の京都 −相国寺−   

昨日の雨が上がって、一気に晩秋の気配になってきました。
暑い夏も好きだけど、冬に向かう今の季節も好きです。頬にあたるひんやりとした空気が気持ちいい。それでいて重ね着すればしのげる寒さ。

この、季節が移り変わっていく様子を京都にいながら見逃すのはもったいない、という妙な焦燥感に駆られ、しばらくの間、外出するときはデジカメを携帯することにしました。今日は上京区にある相国寺(しょうこくじ)というところに行ってきました。

私の中ではひっそりしたイメージがあったのですが、抜け道としての機能もあるようで意外と自転車の往来が激しく、自動車(たぶん関係者の)も何台か入ってきていました。また、中学生が体育の授業で境内を走ったりしていました。


紅葉はまだこれから。でも空は冬の色。
b0054956_18475376.jpg

落葉もちらほらb0054956_1848190.jpg

色づき始めの緑と赤のコントラストもきれいb0054956_1848995.jpg

相国寺の様子
b0054956_18481765.jpgb0054956_18482576.jpg


今日は時間があまりなくて、境内の半分くらいしか歩けなかったので、近いうちにまた行こうと思います。その時はもっと紅葉がすすんでるはず。


(その他の紅葉日記については、右側の「カテゴリ」から「京都」へアクセスしてください。)
[PR]

by 723balance | 2004-11-16 18:35 | お出かけ | Comments(0)