無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 だいふく   

これ、作ってみたかったんです!!

b0054956_229682.jpg


そ れ は …>>
[PR]

by 723balance | 2007-02-27 22:33 | MyLifeStyle | Comments(6)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 和裁教室(単衣)ー8、9、10ー   

b0054956_2149895.jpg
8、9回目の和裁教室は
・衿の印つけ
・力布
・三つ衿芯
・えり付け
という内容でした。10回目は風邪でお休みしてしまいました。

浴衣と違うのは、力布をつけたことと、共衿をつける順序が違うという点ぐらいでしょうか。この辺の話は細かくてちょっと退屈だと思うので、今回は「糸」のお話をしたいと思います。


浴衣を作り始めて、意外と困ったのが「糸選び」でした。洋裁で糸はよく買っているにもかかわらず、浴衣用の糸がどういう風に売り場に置かれているのか見当もつかなかったのです。先生から「浴衣用の縫い糸がある」と聞き教室の近くの手芸店に行くと、確かにそのお店では「浴衣用縫い糸」として売られていました。他のお店ではどう扱われているのかわからないですが、どうやら木綿の手縫い糸のことのよう。とりあえず少ない色の中から反物に近いものを選び、無事購入することができたのでした。

b0054956_2152445.jpg単衣用の糸も基本的には「手縫い糸」を使います。大事なのは、反物の素材とあわせること。例えば、正絹や紬なら絹糸、ポリエステルなど化繊なら糸も化繊のもの、という具合に。じゃあウールの反物だったら・・・ウールの手縫い糸ってあったっけ?わからなかったので先生に確認したら、絹か化繊でということでした。


b0054956_21494331.jpgさてこの手縫い糸、板に巻きつけられているので、使おうとするとこんな具合に糸に巻きぐせがついてしまっています。縫う距離が長いと、糸が絡まってしまってイライラ・・・

b0054956_21504458.jpgそこで、両手で糸をピンと張って、親指で何回かはじくと・・・

b0054956_21513824.jpgきれいに巻きぐせがとれて、作業効率がぐんとUPします。


ちなみに、昔かよっていた洋裁教室では、「蝋引き(ろうびき)」というのをしていました。蝋引ききとは、蝋に糸をひっかけて引っぱり、アイロンをかけて蝋で糸をコーティングするというもの。糸が絡まりにくくなるうえに、丈夫になります。蝋は専用のものも売っていますが、普通のろうそくでもOK。アイロンをかけるときは、糸を薄紙などで挟んだ状態でかけます。手縫いで糸が絡んで困ってるという方は、ぜひ一度どちらか試してみてください。
[PR]

by 723balance | 2007-02-23 22:00 | 着物 | Comments(2)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 チョコレート盛り合わせ   

b0054956_20132090.jpg
今年のバレンタインデーは、フォンダンショコラを作りました。

ホワイトキュラソーの風味と、間に挟んだマーマレードが大人の味。作ったのは昨晩なので、食べる時は電子レンジで温めてから。外はサックリ、中はとろーり(のはず)。

彩りに、いちごのチョコレートコーティングを添えてみました。お味はフレッシュなストロベリーチョコという感じで、なかなかおいしい。うちの母から贈られたGODIVAのチョコも一緒にトレーに乗せたら。。チョコレート盛り合わせみたいになりました。
[PR]

by 723balance | 2007-02-14 20:29 | MyLifeStyle

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 2月の和菓子 ー寒中の春ー   

b0054956_13163173.jpg

2月の和菓子は
・じょうよまんじゅう
・こしあん、つぶあんの作り方
という内容でした。

ずっと「ジョウヨ」だと思っていたのですが実は「ジョウヨ」で、漢字で書くと「薯蕷」。「薯蕷」はヤマイモのことで、「じょうよまんじゅう」とは皮にヤマイモが練り込まれたおまんじゅうのこと。長年「じょうよまんじゅう」が何者なのか疑問に思っていた私にとっては、随分あっさりした答えでした。でもそれを聞いてようやく11月に作った利休まんじゅうのような、一般的なおまんじゅうとの違いも見えてきました。小麦粉では出せない皮の上品な白さ、そしてしっとりもっちりした食感。この独特の白さゆえでしょうか、結婚式の引菓子など、お祝い事の際の特別なお菓子として用いられることも多いようです。

さて、そのじょうよまんじゅう、教室では「雪うさぎ」のかわいらしい形に仕上げました。あんを皮で包み、だ円形に成形して蒸したあと、金串の先を火であぶり「焼き」を入れて耳を、赤の色粉で目を描きました。雪の中を跳ね回るうさぎをイメージしながら味わいたいところですが、今年の冬は雪よりも雨が多く、せっかくの季節感も半減するようでなんとなく残念。


b0054956_13164850.jpg
和菓子はこの1種類だけで、あとは「こしあん」「つぶあん」の作り方を習いました。今までこのあんの違いは、「食感の違い」ぐらいにしか思っていなかったのですが、実は味も全然違うということがよく分かりました。
「こしあん」は、茹でた小豆を「こす」だけでなく、「水にさらす」ことで小豆の持つアクを抜く、ということをしていたのです。だから「こしあん」は舌触りが滑らかなだけでなく、味もさらりと上品。一方「つぶあん」は、茹でて砂糖を加えて煮詰めるだけなので、良くも悪くも「豆」の風味がしっかり立っていました。個人的には「つぶあん」の方が好み(これ、かなり絶品☆)だったんですが、お菓子によっては主張しすぎて使いにくい場合もあるのかもしれませんね。
[PR]

by 723balance | 2007-02-11 14:41 | 料理教室 | Comments(6)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 吉田神社節分祭 追儺式(ついなしき)   

b0054956_20483350.jpg
金曜日の夜、仕事帰りに足を延ばして吉田神社へ行き、節分祭神事の一つ「追儺式(ついなしき)」を見てきました。実は節分祭も吉田神社も訪れるのは初めてだったのですが、いや〜想像を超える神社・お祭りで楽しかったです。意外にもテーマパークのノリに近かったかも。

「吉田神社」は室町時代創建の、左京区・吉田山に位置する神社で、「追儺式」とは別名「鬼やらい」とも呼ばれ、疫鬼(えっき)を追い払う儀式。平安時代に始まった宮中行事を忠実に再現させたもので、いにしえの様子を現代に伝える貴重な神事です。一時廃絶したらしいのですが、江戸時代まで吉田神社が宮中儀式を代行していた縁で、戦後に復興させたそう。


さて、追儺式が見られるという本殿前の舞殿に向かうと早くも黒山のような人だかり。

More>>
[PR]

by 723balance | 2007-02-04 21:03 | お出かけ | Comments(6)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 Wスリーブフレアカーディガン   

クルールさんのパターンでWスリーブフレアカーディガンを作りました。
b0054956_22501578.jpg
生地はCHECH&STRIPEさんのラッチパイルを使用。この生地、届いたときは柔らかな触り心地の上質な風合いだったのですが、水通しをしたらちょっとタオルっぽくてカジュアルな印象に。えっ!水通し失敗?と思った時の精神的な打撃は想像以上で、「実は扱いの難しい生地だったのかしら。うーん、水が悪かったの?それとも京都のこの寒くて乾燥した空気のせい?」と思い付く限りの原因が頭の中を駆け巡り、それでも思い当たらないのでネットで情報収集。しかし、水通しで困ったという事例はなく、みなさん絶賛のご様子。何故・・・違う生地で作ろうかと迷っていたところへ、C&Sさんから普通に扱える生地でこういう風合いのもの、とご回答いただき、思い直して使うことにしました。

b0054956_2301754.jpg
出来上がってみたら、思い描いていたものとは違うけれど、これはこれでおもしろい表情が出てくれたと思います。厚めの生地なので、カフスがもたついてしまいますが、しっかりしてるのでジャケットぽくなって春先に重宝しそう。縫いやすさは噂どおりで、すごく扱いやすかったです。よくよく考えてみたら、「パイル」だからタオルっぽいのは当たり前ですね。評判が良かったので期待が膨らみすぎたみたいです。でも、こうして写真で比べてみても(撮り方が違うので比較は難しいですが、とはいえ)結構風合いが違うと思うのですが、これって私だけなんでしょうか。。

腰が冷えないよう丈を少し長くしたのですが、そのままの方が今年っぽい雰囲気だったかも。もう少し薄手の生地で、丈を戻して、もう一着作りたいなぁ。


+ +
生地:CHECH&STRIPE ラッチパイル(ベージュ)
パターン:クルール Wスリーブフレアカーディガン
[PR]

by 723balance | 2007-02-01 22:54 | ソーイング-大人服 | Comments(14)