無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 縫い納めと今年縫ったもの   

主人の祖母が、今度のお正月で92歳(数え年93歳)を迎えます。
そのお誕生日プレゼントに、帽子を作ってみました。
b0054956_22592038.jpg

丸いトップのクラウンに、スクエア気味のブリムのキャスケット。百貨店の帽子売り場でいいなと思ったデザインを参考にしました。サイズは以前私のデニムキルトキャスケットをかぶった時に、「ちょっと大きいな」と言っていたので、ワンサイズ小さく見積もってパターンを作っています。

表の生地は、この前のスカートのリメイクで使ったブルーグリーンのウール生地。裏は、ドット×花柄のコットンプリントを使用。サイドには共布で作ったリボンを添えて。。

サイズが小さいので私の頭では試着できないのですが、結構イメージどおりに仕上がったかも。あとは、おばあちゃんに似合うかどうか。。どきどきです。

ところで、百貨店で参考にした帽子はお値段が52,500円していました。え?5千円よね?と思って、二度見、三度見で確認したけど確かに5万円。店員さんは「いい生地を使っているので」と言っていたのだけど、帽子に使う生地の量なんて知れてるし、コートが買えそうなこのお値段設定は、やっぱり何かの間違いだと思う。

+ +
生地:ノムラテーラ(表布、内布とも)
パターン:オリジナル
+ +


さて、この帽子が縫い納めになるので、今年縫ったものを並べてみました。
布の消費に近かった去年と違い、数は少ない分「作ったけど着てない」という服もほとんどなかったので、今年は特にランク付けはしないでおこうと思います(去年の一覧はこちら)。今回は、自分服だけでは寂しいのでオット服や小物、リメイクもUPしてみました。

アウター・ワンピース
b0054956_23155410.jpg

トップス
b0054956_23162645.jpg

ボトムス
b0054956_2317045.jpg

オット服
b0054956_23173131.jpg

帽子・子供服
b0054956_23175637.jpg

小物・その他
b0054956_23182227.jpg

リメイク
b0054956_23265072.jpg

そうそう、これも作りましたね、浴衣。
b0054956_23185411.jpg


こうして並べてみるのもなかなか楽しいです。
来年は、どんなものを作り出していけるかな。。
[PR]

by 723balance | 2006-12-27 23:33 | ソーイング-年間まとめ | Comments(13)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 プレゼントとか   

と言っても、あまりクリスマスとは関係ない記事です。

b0054956_21352450.jpg
実家の母は物を捨てるのが苦手な人で、使えるものも使えないものもなんでもため込んでしまう。その母が最近急に思い立って家の中をあれこれ整理しはじめた。そして、あっという間に玄関にできあがったゴミの山。その処分されようとしているゴミの山から、このお鍋を見つけ拾い出してきました。

ブルーとオレンジの色が鮮やかで、持ち手のデザインがおもしろい。素材はホーロー?持った感じはそんなに重くないです。



More>>
[PR]

by 723balance | 2006-12-25 22:20 | MyLifeStyle | Comments(4)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 リメイク 配色スカート   

本日2つ目の記事。こちらも久々のリメイクです。

b0054956_22245520.jpg今年の正月の福袋に入っていた、上質ツイードのスカート。プリーツもたっぷり入って、サイズもちょうどなんだけど、残念ながら丈が短い。ひざが見えるボトムスにはなかなか抵抗があって、そのうちフリーマーケットに出そうと思っていたのに、結局この前のフリマに出しそびれてしまい、でもまぁ改めてみるとなかなかいいスカートだな、ということで、裾にブルーグリーンのウール生地を継ぎ足してリメイクしてみました。

b0054956_22231782.jpg
最初は神戸で買ったコーデュロイプリントを使うつもりだったのですが、合わせてみるとあまり馴染まなかったので、ノムラテーラでこの生地を見つけてきました。

そういえば「かもめ食堂」を観た時、ターコイズブルーのボックスプリーツに花柄のブラウスという格好がしたくなって、映画館から生地屋さんへ直行したことを思い出しました。結局スカートもブラウスも、イメージしていた生地に出会えなかったので作れませんでしたが。その時イメージしていた色とは少し違うけれど、このウールもすごくいい色で、スカートだけでなくコートやバッグ、帽子などにしても良さそう。


そんなこんなで、一度は手放そうと思っていたスカートですが、今では周りからもなかなか好評です。

コーディネートしているネックレスについては、本日一つ目の記事で紹介しています。
[PR]

by 723balance | 2006-12-20 22:28 | ソーイング-大人服 | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 花束のネックレス   

b0054956_22141074.jpg久々のビーズアクセサリーです。

いつも利用しているのは「ビーズマニア」なんですが、今回は「ビーズカフェ」というところのキットを作ってみました。ここのビーズ、ちょっとお値段は高めなのですが、ワンランク上のスタイリッシュなものが多く、うかうかしているとすぐにSoldOutになってしまいます。そんな中やっと買うことができたのは、「花束のネックレス」というキットでした。

ブーケのモチーフを二つ作り、それをビーズのチェーンやアンティークゴールドのチェーンでつなげたもの。一つ一つのパーツの色合いが深く、その素材の特性をうまく生かしたデザインで、確かにワンランク上のビーズでした。欲を言えば、多少強度の点が気になるかな。

でも、タートルと相性が良いので、早速活躍してくれています。
[PR]

by 723balance | 2006-12-20 22:16 | その他手作り | Comments(2)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 オリジナルタグ   

Smile Lifeのrikaさんに素敵なオリジナルタグを作っていただきました。
b0054956_14473388.jpg

私がこちらのブログを知ったのは、「オリジナルタグ」についていろいろ検索していた時で、rikaさんの作られた素敵なアイロンプリントのタグにたどり着いたのがきっかけでした。以来ブログの更新をいつも楽しみにしているのですが、今回、なんと「タグ作りますキャンペーン」という嬉しい企画があったのです。これはぜひともお願いしなくては!と早速オーダーして届いたのがこちら。


b0054956_14434536.jpg
円の内側に沿った上下の2か所と中央に希望の文字・数字を入れて、二種類のテープにプリントしてくださるというもの。私は「723Balance」と「2000」の文字を入れていただきました。中央の数字は2、3桁ということだったのですが、『「723Balance」の名前ができたのが2000年なので「2000」を入れたい』という私のわがままに応えて4桁で入れてくださいました。

1枚1枚表情が違う手刷りの温もりと、rikaさんならではのセンスあふれるタグ、どういう風に使おうか、考えるだけでもワクワクします。
[PR]

by 723balance | 2006-12-17 14:51 | 布・副資材・洋裁道具 | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 いただきもの   

salut!のmakiko*さんから、一足早く嬉しいクリスマスプレゼント。
もともとあるものを送っていただくお願いをしていたのですが、「クリスマスの時期なので」というお手紙とともに、たくさんのクリスマスプレゼントも一緒に包んでくださいました!
b0054956_14574747.jpg

b0054956_14541185.jpg
イニシャル「N」のステッチが施されいるのは、ティッシュボックスのティッシュが入る大きさのケース。リネンの生地にカーキのブロックチェックとレースを合わせ、落ち着いた中にも可愛らしさある作品。周囲はレースでぐるりとパイピングされ、ひと手間もふた手間もかけてくださったのが伝わってきて、じーん。

b0054956_14542070.jpg
こちらは一度手にしてみたかったRRさんのブロックチェックのハギレセット、何枚あっても嬉しいC&Sさんのタグ、お花の形の可愛らしいボタン、そしてクリスマス仕様のペーパーナプキン。


こんなにいろいろもらってしまっていいの??と恐縮ながらも、12月に入っても少しも季節感を感じられずに過ごしていた私の心に、クリスマスの風をふっと吹き込んでもらったかのようで、とても嬉しい気持ちになりました。いただいたものをどういう風に使おうか、考えるのもまた楽しい時間。大事に使わせていただきますね。どうもありがとうございました*
[PR]

by 723balance | 2006-12-13 15:08 | 布・副資材・洋裁道具 | Comments(6)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 12月の和菓子ー新年の祝ー   

b0054956_16135853.jpg
今月の和菓子は
・ゆずロール
・菱(ひし)花びら餅
でした。

ゆずロールは、洋菓子のロールケーキとほとんど同じ。違いといえば、スポンジにバターとバニラエッセンスが入っていないことでしょうか。中に巻いているのは、抹茶で色づけした白あんに、ゆずの皮をすりおろして香りをつけたもの。寒天を入れてまとめやすくしています。ゆずの風味がさわやかなお菓子でおいしかったのですが、せっかくスポンジを焼いたのなら、あんではなく生クリームを塗りたい気分になってしまいました。


菱花びら餅は、白い「ぎゅうひ」の中にうっすら見えるピンクが雅なお菓子。
これは室町時代(資料によっては平安時代とも)から伝わる、宮中の正月行事に使われた菓子で、大変由緒あるものだとか。現在では、茶道の裏千家が正月の初釜で主菓子として用いているそうです。

b0054956_16162750.jpg
白玉粉に水と砂糖を加えて練って作ったぎゅうひを丸型で抜き、その上にピンクに着色した菱形のぎゅうひ、甘く煮たごぼう、白みそを混ぜた白あんをのせて二つに折っています(写真は二つに折る前の状態)。ピンクのぎゅうひは、切り方を間違えて菱形ではなく長方形になってしまったのですが、折ってしまえばわからない、とのことでそのまま続行。

今回の教室は、12回ある中で一番大変な内容だったようです。その訳はぎゅうひ作り。ぎゅうひの主原料である白玉粉はお餅を粉にしたものなんですが、水を加えて火にかけるとお餅のよう(いや、お餅そのもの)になって、練るのにかなり体力を要しました。本当に元はお餅だったんだ、と体で実感。でも頑張った甲斐あって、ツヤツヤで柔らかいぎゅうひが出来上がり、食べる時に気持ちいいくらいにビヨーンと伸びてくれました。今、軽く右腕が筋肉痛ですが。
[PR]

by 723balance | 2006-12-10 16:31 | 料理教室 | Comments(5)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ハンチング   

1日専属カメラマンに引き続き、これまた生意気なことで恐縮なのですが。。
この前のライブのメンバーの一人から帽子のオーダーをいただきました。
b0054956_20204151.jpg

今まで自分の為のソーイングを楽しんできたので、オーダーメイドに対しては消極的だったのですが、オーダーというより一種のプロジェクトとして進めて行こうという提案だったことと、自分のものを優先で作っていいと言ってもらったこと、何より私の物作りに対して敬意を払ってくださっているのを感じたという理由から、受けさせてもらうことにしました。

帽子のオファーがあったのは(って、ちょっとかっこ良く言ってみた)今年の5月か6月ぐらい。夏のライブの時に生地を決め、制作・完成したのは11月という、実に長期プロジェクト(お言葉に甘えてのんびりしすぎました)になってしまいました。

さて前置きが長くなってしまいましたが、ハンチング。
b0054956_2001858.jpg
茶色のヘリンボーンの生地に、内布は小柄のチェック生地を合わせました。どちらもpeu connuさんのもの。接着芯だけでは頼りなかったので、薄手のキルト接着を使用。ブリムに挟んだレザーのパイピングと、後ろの飾りベルトがポイントです。

プロジェクトといいつつ、ほとんど私の独断で作ってしまったような。。とりあえず、早速使ってもらってるようで、良かったです。


+ +
生地:peu connu
パターン:FEMAILE 2006春号より
[PR]

by 723balance | 2006-12-07 20:23 | ソーイング-帽子・髪飾り | Comments(7)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 1日専属カメラマン   

大学時代の仲間が結成したお気楽バンド「やきぎんなん」。そのバンドが企画・出演するライブに週末行ってきました。

今まで、ブログの立ち上げのお手伝いをさせてもらったりと、音楽とは別の形で関わらせてもらっていたのですが、今回、なんと1日専属カメラマンという大役を仰せつかり、出演者のみなさんとは、きっとまた違うドキドキを味わった1日でした。普段スナップ写真メインorセルフタイマーで一人撮影大会をしている私に、果たしてどんな写真が撮れるのか!?

b0054956_21183540.jpg午前中に公園で撮影した後、会場に入り、セッティング、リハーサル、そして本番。


b0054956_2119262.jpgデジカメを補助的に使いながら、NATURAメインで撮影。照明を落とした状況+動きのある被写体は初体験で、とりあえずたくさん撮りまくる。あっという間に時間が過ぎ去りライブが終わってほっと一息つくと…出演者とお客さん、そしてお店の人までも笑顔で過ごせた心地よいライブだったなぁ、と、カメラに必死になりながらも、そんな余韻を感じることができました。


b0054956_21184838.jpg結成当初から見ているメンバー一人一人の演奏が力強く、そしてまとまりある音になっていたことや、友達と別の友達が仲良くなって、友達の輪が広がっていくのを見ることができたのは、個人的には嬉しい光景でした。


と、言いつつも、ライブが終わった後も現像を見るまでそわそわしていた私。。。今日、出来上がった写真をみて、どれも真っ暗でガーン…!ということはなく(笑)、ほっと安堵しています。

さて、出来上がった写真をどう料理するか、ここからが私の本当の仕事なのかも!?

>>1日専属カメラマン その後
[PR]

by 723balance | 2006-12-04 22:13 | カメラ・写真 | Comments(14)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 和裁教室(単衣)ー3~5ー   

b0054956_18595188.jpg
まともに紅葉をみないまま師走に入ってしまいました。気ぜわしい季節ですが、なんとなくワクワクする気持ちもあったりします。


11月の和裁教室は浴衣とほぼ同じだったので、1か月分まとめてUPします。内容は、袖のしるしつけ~完成までと背縫いの処理でした。

袖については、浴衣とまったく同じ工程だったので、頭の中を整理するのにちょうどよかったです。ただ、手順は同じでも素材が違うと勝手が違うものですね。私が今縫ってる反物はポリエステルなんですが、浴衣の木綿とは違い、なかなか針が進みません。生地がすべって縫いにくい上に、節のある織糸が使われているようで(そのお陰で涼しげな風合いが出ているのですが)、針の先にその節がひっかかってしまったりします。

正絹だったら縫いやすいのかしら、と実際に縫われている他の生徒さんに聞いてみると、生地がぐにゃっと歪むらしく、また別の縫いにくさがあるようです。でも、同じ正絹でも紬(つむぎ)は縫いやすいらしく、普段着から礼装へと着物の格が上がるににつれて着付けが難しくなっていくように、縫いにくさも比例しているのかもしれません。

和裁は構造そのものは比較的シンプルなんですが、素材そのものの特性がダイレクトに影響するので、布の扱いに熟練を要する気がしました。だからプロの和裁士さんは何ヶ月もひたすら運針の練習をするのか、とひとり合点したのでした。


b0054956_18531669.jpg
背縫いは、今回「背伏せ(せぶせ)」という、洋裁で言うところのパイピング処理を習いました。写真は背伏せ処理の途中。

[PR]

by 723balance | 2006-12-01 19:13 | 着物 | Comments(3)