無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2006年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 水無月   

b0054956_2352766.jpg
今日は水無月を食べて厄払いをする日。
今まではそんな習慣を良く知らなかったのですが、5月の和菓子教室で水無月がどういうお菓子かを知り、今年はちょっと意識してみました。

昨日の晩に材料だけ用意しておいて、今日仕事から帰ってきてから作りました。途中アクシデントがあり、生地がこぼれてしまったため、ういろ部分が薄くなってしまいました。ううっ。
でも、できたてだし、自分で作ったものだし、おいしかったです。
なんとかぎりぎり間に合ったぞ。


b0054956_23382540.jpg
ところで、流し箱をもっていないので、ミッフィーのアルミのお弁当箱で代用。これ、実家にあったものをもらってきたんですが、私が幼稚園の頃に使っていたお弁当箱らしい。そんな昔に使っていたものがいまだにあるなんて、ちょっとしみじみしちゃいました。卯年の私に合わせて選んでくれたみたいです。
幼稚園で食べたお弁当…そういえば、初恋のタケシくんと仲良くお弁当を食べている時に、「大きくなったら結婚しようね」と5-6歳にしてプロポーズされたのを思い出しました。卒園してから別々の小学校に進んだので、はてさて、どうしているんだろうか。
[PR]

by 723balance | 2006-06-30 23:55 | MyLifeStyle | Comments(6)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 クルールとママン&デニム   

b0054956_19501392.jpgこないだの再販で買ったクルールさんの生地。
上からヴェール、チューリップノアール、クールカーキのストライプドビークロス。
上の2枚は、縦糸と横糸が違う色で織られているニュアンスのある布で、想像通りの素敵な布でした。クルールさんは、イメージと実際に手にした時のギャップが少ない気がする。


b0054956_19462347.jpgこちらのELEPHANTとLIONのパネル柄の生地は、先日開拓した地元の生地屋で買ったもの。
店頭ワゴンにレトロな生地が並べられていて、引き寄せられるように中に入ると、反物が所狭しと積み上げらた、ちょっと古めかしい店内。奥から、70歳くらいの品格漂う老婦人の店主が出てこられた。


こんな場所にこんな個性的な生地屋さんがあったなんて!と私は次第に興奮しはじめ、「ここはどういうお店なんですか?」「扱われているのはいつ頃の生地なんですか?」「個人にも売っていただけるんですか?」と、気が付けば矢継ぎ早に質問していた。一瞬怪訝な顔をされ、「どんな生地をお探しですか?気に入った生地があったらおっしゃってくださいね。」と、軽くいなされてしまった。スパイと思われたんだろうか。

それでも気にせず生地を眺めていると、「うちの生地はね…」と話をしはじめてくださった。


++

うちの生地はね…>>
[PR]

by 723balance | 2006-06-28 20:03 | 布・副資材・洋裁道具 | Comments(6)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 慈雨 【じう】   

昨日は、大学時代の仲間が集まって、先月結婚した友達のお祝いパーティーだった。
音楽にダンスにクイズ、みんなが自然に溶け合って、和やかで心地よい空間。
b0054956_21423950.jpg
懐かしい顔ぶれに掛けられる、挨拶代わり言葉は、
「今日のそれ、もしかして作った?」
「うん、そう!」と言ったときのみんなの反応は、素直に嬉しい。

パーティーの後は河原で花火。何年ぶりだろうか。
パチパチはじく火花の形に、じっと見入ってみる。
b0054956_21425041.jpg

そして今日。昨日のメンバーの中から3人集まってランチをした。
仕事や趣味の話から二の腕の話まで(?)、積もる話が尽きず、楽しいひとときだった。

いつもブログ見てるよ。あの緑のお花のスカート、欲しい!!と、洋裁が趣味という訳ではないのに、細部に渡ってブログを読み込んでくれていて、服を作るプロセスや、私が洋裁を始めたきっかけ、作品の写真撮影の事など、興味をもってを聞き出してくれた。彼女たちが聞き上手なのは、音楽やダンス、彼女たちもまた自身の中で大事にしたい世界を持っているからなんだと思う。そしてまた褒め上手でもある。人の良いところを見つける事ができるのは、私は一つの才能だと思う。

いつも作品を楽しみにしてくれて、見守ってくれている人たちの存在をこうして実感できるというのは、本当に嬉しく、有り難く、心強い。


週末を過ごすまではなんとなく居心地が悪かった私の心。でも、そういう時にみんなに会う事が出来て、かえっていろんな事を敏感にキャッチできたような気がする。

b0054956_21515667.jpg
帰り道。

みんなとじっくり話ができたのは、雨のおかげかもしれない。今日の雨はしっとりしていて心地よいなぁ。

すぅっと深呼吸をすると、空気がほのかに甘い気がした。

心配してくださった皆さま、ありがとうございました。

(パーティーの写真、本人に見せる前にUPしちゃった。お二人さん、改めておめでとうございます。幹事のみなさん、余興で盛り上げてくれたみなさん、楽しい時間をありがとうございました。)
[PR]

by 723balance | 2006-06-25 22:41 | MyLifeStyle | Comments(12)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 寄り道   

心にちょっと元気がないな、と感じた時には、前から気になってるお店に入ってみたり、いつもと違う道を通ってみたりします。

最近…それが、ここ2-3日のことなのか、1-2ヶ月の事なのか、それさえもよくわからないけれど… なんだか心の納まりが悪いんです。

そんな訳で、今日仕事の帰りに寄り道をしたら、3つの出会いがありました。

b0054956_23351169.jpg
1つ目は、前から気になってたル・プチメックというパン屋さん。

そこは、京都の街に突如現れる小さなパリ。最近雑誌で知ったのですが、かなり有名なパン屋さんのようで、いろんなレストランやケーキ屋さんにも卸しているらしい。ちなみに、定休日は月、火、水、木。
中に入ってみると、目を引くのはバゲットなどのハード系のパン。見るからにパリッと香ばしそうな皮に、ヨダレがじゅるっ。。他にもピザやタルト、ダノワーズ系などが並べられ、全種類買い漁りたい衝動に駆られたほど、どれも魅力的。

中でお茶ができるスペースがあったので、いくつか選んで席へ。

b0054956_23352286.jpg
店内の様子はこんな感じ→
テーブルの上にあるのは、アップルタルトフィンとコーヒー、そしてお持ち帰り用のパン(紙袋に入ってるやつ)。

次から次へとパンを買い求める人が後を絶たず、この店の人気ぶりが伺えました。お気に入りのパン屋さんはいくつかあるけれども、ここはもう別格という感じ。楽しみが増えた。



パン屋さんを後にして商店街を通っていると、店頭に浴衣を並べているお店があり、依然は素通りしたけど、今日は入ってみる事に。中は、お店というか普通の家の玄関を少し改造して、そこに商品を置いている感じ。着物に関するものがいろいろ置いてありました。実は呉服屋さんだったのだけれど、とても気さくなところで、いろいろ商品を見せてもらいました。そこでの出会いは、絽や紗の洗える夏の着物。なんと1万円以下で売られていたのです(素材はポリエステル)。その場で買いはしなかったけれど、安売り風の店でもなく、良いものを見つけたかも。強引にすすめられる事もなかったし、夏の着物って持ってないし、ちょっと買ってみようかな。様子見だけど、これが2つめの出会い。

3つ目の出会いもこれまた素晴らしいものがありました。でも長くなりそうなので、また後日。

とりあえず、今日買ってきたパンを明日の朝食べるのが楽しみです。うふふっ。
あれ?ちょっと元気になってきた?

b0054956_23212282.jpg
(6/24 追加)
朝食に食べたパン。想像を超えるおいしさで、興奮しながらいただきました。

おいしいものは人を幸せにしてくれますね。
[PR]

by 723balance | 2006-06-24 00:11 | お出かけ | Comments(6)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 パターンいらずの簡単ラップフレアースカート   

タイトル通りの簡単ラップフレアースカートを作りました。
b0054956_18383678.jpg
作り方は、数年前バリ島を旅行した時に見かけた、おみやげ屋さんのスカートをもとに研究したもの。歩くと空気をふわっと含んで、きれいなラインが出るのが特徴です。

地下鉄の階段のように下から風が吹きあげるような状況では、スカートが広がってマリリンモンローばりにセクシーになってしまうという欠点(欠点…ですよね?)があったんですが、タブ+ボタンでカバー。でも、もう少し改良したい。これはこれで気に入ってはいるのですが。あと、ウエストリボンが多少ゴロつくので、こちらも只今改良中。

パターンいらずで簡単に作れるので、いつか作り方をご紹介できればと思っています。

+ +
生地:ノムラテーラ (バッキンガムプリント)
ボタン:木綿小屋
パターン:なし

(7/12追記)
作り方、ご紹介しています。→ こちら
[PR]

by 723balance | 2006-06-20 18:46 | ソーイング-大人服 | Comments(22)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 和裁教室−5−   

5回目の和裁教室は
・袖縫い(袖口〜袖下縫い、袖の丸み、袖口仕上げ、飾りじつけ)
という内容でした。

今回は袖の縫い方を習ったわけなんですが、きせをかけたり、カーブのラインをきれいに出すためにぐし縫いをしたり、といった手法は洋裁にもあるので、今、何をしているのか理解しながら進める事ができたと思います。

一回目の授業ではいきなり運針にうちのめされ、洋裁の経験なんてくそくらえ!とでも言われているような壁を感じたけれど、ようやく洋裁との共通項に出会えたようで嬉しい。
b0054956_1673738.jpg

ところで最後に施した「飾りじつけ」、しつけだし、と思って気を抜いたら先生のチェックが入ってしまいました。飾りじつけの目的は、単に形をキレイに保つというだけでなく、「新品であるという証拠」、そして「和裁士の腕前」を表すもので、とても重要な意味があるそうです。一応先生から「合格」と言ってもらえたけど、気になったのでそこはやり直しました。

授業で縫った袖→。
もう片方は宿題なので、覚えているうちに早くやろうっと。
[PR]

by 723balance | 2006-06-18 16:16 | 着物 | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 peu connuさんのTHANK YOUセットから   

1年以上前のpeu connuさんのTHANK YOUセットに入っていたストレッチオックス。

b0054956_12321371.jpg
グレイッシュサックスブルーの落ち着いた色の生地から思い浮かぶのは、メンズのボタンダウンシャツ。定番アイテムだし、悪くない。でも、何故かそれは作る気にはなれませんでした。

「もっと他のデザインで作れないの?」と生地に挑発されてるような気がして、だったらボタンダウンシャツ以外のものを作ってやろうじゃない!と、ずっとこれに合うデザインを探していました。

そしてようやく。( ̄▽ ̄+キラーン 見つけた

b0054956_12342039.jpg

作ったのはピンタックワンピース。
パターンは、@WiLLさんのスタンドカラーピンタックブラウスをアレンジしました。丈を長くして背中にダーツを入れています。(これはストレッチ素材なので大丈夫でしたが、普通の素材だったら脱ぎ着が窮屈だったかも)

b0054956_12344542.jpg
途中でレースや花柄をあしらった方がかわいくなるかな、と何度も思ったのですが、あえて他の素材の装飾は取り入れず、この生地だけで勝負!!最後にちょっと存在感のあるボタンを持ってきたら…なかなかいいかも〜。すっきりシンプルでありながら、ピンタックで程よい甘さが出ています。うふっ
もう少しカジュアルに着るつもりでいたのですが、袖山にいせが入っているので、若干お出かけ着っぽくなっちゃったかも。Gパンをはいて、ボーダーTシャツとかインに着ればドレスダウンできるかな?

この生地の厚さで長袖は微妙なので、袖丈はもう少し調整する予定なんですが、でもこのパターン、気に入りました!もっといろいろ作ってみよっと。「てんとうや」のななほしさんがされていたような、重ね着風アレンジも挑戦してみたいです。


+ +
生地:peu connu
ボタン:木綿小屋
パターン:@WiLL スタンドカラーピンタックブラウスをアレンジ
[PR]

by 723balance | 2006-06-14 12:31 | ソーイング-大人服 | Comments(14)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 6月の和菓子ー梅雨の涼ー   

2回目の和菓子教室。今月は
・笹の露
・茶通(ちゃつう)
です。
b0054956_2259817.jpg
「笹の露」は、三色のあんを透明感のあるくずで包むことで涼感を出しています。黄色のあんは、卵の黄身を茹でて裏ごししたものを混ぜているのですが、色鮮やかでキレイ。和菓子にゆで卵というのがなかなか意外でした。

「茶通」の方は特に季節感はなく、お茶とごまの香りの効いた半生菓子。抹茶入りの皮でごまあんを包み、フライパンでじっくり両面に焼き色をつけています。


今日の和菓子作りなんですが、和菓子の爽やかさとはほど遠く、「スライム」と闘っているようでした。昔流行った、妖怪人間の血液を連想させる、あの緑色のドロッとした物体のおもちゃ。「茶通」の皮はまさにそんな感じ。それでもこれはなんとかあんを包める柔らかさ。でも、「笹の露」のくずは、もうドロドロで大変なことになってました。あんを覆うくずよりも、手にくっついたくずの方が多かったかもしれない。不安に駆られながら蒸し上げ、笹の葉で包むと…おぉ、それなりの出来になるもんですねぇ。ε-(´▽`) ホッ

でも、ラップに包んで茹でるという方法もあって、これだと手も汚れないしお手軽です。
[PR]

by 723balance | 2006-06-10 23:37 | 料理教室 | Comments(4)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 るるとのbavardeさんから   

週末からなんとなく体調が思わしくなく、のどと鼻の具合が悪い。
それだけならまぁなんとかなるんですが、咳をした時に筋を違えたらしく、筋肉痛とはまた違う腹筋の痛み、そして週末に洗面台のシャワーで洗髪した時に軽く腰を痛めていたんですが、おとつい熱い湯船につかったところ痛みが悪化、そんな状態だったので、昨日は一旦仕事に行ったものの、結局早退させてもらう事に。

アイタタタ、もうヨボヨボねぇ…と思いながら家に到着すると、郵便受けに何やら入ってる。最近何か注文したっけ?とよくよく見ると、差出人はるるとのbavardeさん。

え?カウプレはずれちゃったのに、何かしら?と思いながらも早速開けてみると…

b0054956_20173833.jpg
なんと、先日のプレゼント企画のお返しとのこと。
お気遣いいただかなくても良かったのに、申し訳なかったです〜。
でも、体の弱ってた私にとっては思いがけない&とっても嬉しいお見舞いとなりました!

中には、ピンクッションにロウ引きのペーパーバッグ、そして木のスプーン&フォークのセットが入っていて、お手紙も添えられていました。これがどれもかわいいんです!



b0054956_208458.jpg
ピンクッションには、クラウンと私のイニシャル「N」のステッチが!以前、「クラウンのステッチが私好み」とブログに書き込みさせていただいたのを覚えてくださっていて、その細やかな心遣いに感激!実際に手にしてみて、やっぱりクラウンは私好みでした!ステッチが丁寧でオシャレなのはもちろん、大きさと高さがちょうど良く、見た目の「素敵」と使う人の立場に立った「機能性」を追求されるbavardeさんならではのこだわりをいっぱい感じました。


b0054956_20165552.jpg
そして、ロウ引きのペーパーバッグ。これ、最近気になってて、すごく欲しかったものなんです。野菜や果物を入れるのにどうぞとお手紙にあったので、早速果物を入れてみました。

普段はあまり果物を買い置きしていなくって、あっても1種類ぐらいなんですが、なぜかこの日はバナナにリンゴにキウイまであって、まるでこのバッグに入るのを待っていたかのよう。なんだかフルーツたちも嬉しそうです。ラッピングに使う発想しかなかったんですが、こういう使い方も素敵ですね。何度か使っていくうちにできるシワも、味わい深そうで楽しみです。木のスプーン&フォークも、眺めてるだけでなんだかワクワク。


bavardeさん、素敵な贈り物をありがとうございました。
大事に使わせていただきますね。
[PR]

by 723balance | 2006-06-07 20:53 | その他手作り | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 和裁教室−4−   

先週、4回目の和裁教室がありました。

今回の授業は
・検尺
・裁断(身頃と袖)
・袖のしるしつけ
という内容でした。

まずは検尺。これは、反物をひだ状に折りながら、ちゃんと用尺が足りているか、また残布がどれくらいあるかチェックするための作業でした。それが済むと次は裁断!緊張しますね〜。私のは柄合わせが必要だったので、先生の指導のもと作業しました。その分時間がかかり、全体的にバタバタしてしまった感じはありましたが、先生の手際を間近で見る事ができ、学べる事が多かったです。

b0054956_21412522.jpg
この写真は、裁断した反物を折り畳んで並べたものなんですが、こういう風に置きながら柄行きを確認します。柄合わせで洋裁と一番違う(と私が思った)ところは、左右対称ではなく流れるように柄を配置するという点。そう視点で再度写真を確認すると、同じ柄が同じ高さで並ぶことなく、目線が自然に流れていきます。
ふむふむ、やっぱり勉強になるなぁ、と思っていると、あれっ…

b0054956_220167.jpg
前回の授業で柄合わせについて習った時には、まず、右の後身頃の「肩」にポイントとなる柄を持っていき(それを基準に左の身頃は柄が流れるように)、次に右の後袖のだいたい真ん中(年齢によって上下を加減する)にポイントを持ってくると聞いていたのですが、よくよく見ると、これは右の後身頃の「肩」ではなく「中心側」にポイントが来ています。

私の聞き間違い?それともこういうパターンもあり得るのかしら?それともひょっとして先生がうっかり間違えた?

よく分かりませんが、手持ちの浴衣でも柄行きがバッチリ合っているかというとそうでもないので、着物と違って浴衣はそれほどうるさく言わないのかもしれませんね。

でも、おかしいときはご指摘、よろしくお願いします。○┓ペコリ 先生に聞く勇気がないので…
[PR]

by 723balance | 2006-06-05 21:55 | 着物 | Comments(2)