無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 コースターいろいろ   

ハギレを使ってコースターをいろいろ作りました。
b0054956_1911408.jpg
といっても、7枚だけなので、大してハギレは減ってないのですが。

茶色のドットとCHECK&STRIPEさんの麻ベージュを縫い合わせたコースター3枚。裏はどれもベージュ×白の大きめドットを使っています。タグの代わりに挟んでみたイタリアンカラー(?)のテープは、いつか使うだろうと数年前に買って今まで一度も使うことがなかったもの。ようやく出番がやってきました!


b0054956_19124043.jpg
こちらは、先日作ったカーテンの残り布と、peu connuさんのリネンで作ったコースター。タグの代わりに、ハギレで作ったアップリケを貼ってみました。アップリケ、模様を考えるのが楽しくていろいろ作ってたら、使いきれない程たくさんできてしまった!なんですが、いろんな形のものを作ったわりに、シンプルな方がかわいいし耐久性もあることに気付いてきた。。
b0054956_19205761.jpgしかもこれ、シルエットが複雑なうえに柄が大きめなので、何の形だかわかりにくいし。。

アップリケに使った2種類の生地。→

b0054956_19132975.gif
一応、それぞれこんなシルエットなんです。→



ところでこういうアップリケって、洗濯してもはがれないようにするためには、やっぱり周囲をステッチorジグザグミシンするしかないんでしょうか。。

モチーフをもっと見る


+ +
生地:CHECK&STRIPE(麻ベージュ)
   ノムラテーラ(ドット生地2種、リネンギンガム)
   peu connu(リネン)
   カントリーキルトマーケット(千鳥)

各お店情報はこちらのお店一覧(実店舗)リンク集(ネットショップ)を御覧ください。
[PR]

by 723balance | 2006-04-26 19:30 | ソーイング-バッグ・雑貨他 | Comments(10)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 和裁教室−2−   

今週、2回目の和裁教室がありました。
授業の内容は

・運針、糸こき
・とめ方(打ちどめ、一針返しどめ、すくいどめ)
・基礎縫い(本縫い、二度縫い、袋縫い、端伏せ縫い)
・くけ方(三つ折りぐけ)

を習いました。
とめ方や基礎縫い用に、小さな木綿布2枚組を10セット用意するように言われてたんですが、家で練習する時に使う物だと勝手に思い込んで3セットしか持ってこなかったら、授業で使う物だったので焦りました。でも、3セットでなんとか耐えました。

今回もひたすら縫い方の練習だったんですが、特に三つ折りぐけがむずかしい。洋裁でも使う縫い方なんですが、和裁用の針の持ち方ですると、もう腕がつりそうになります。本当なら、これもきちんと身に付けるべき縫い方なんですが、この講座はとりあえず形にしていくことに重点を置いているので、運針さえ押さえていれば、三つ折りぐけは持ち方までは気にしなくても良いとのことでした。和裁の技術習得より着物の仕組みを知りたいと思っている私にとっては、ちょうど良いかも。

b0054956_18574648.jpg運針の写真を撮ってみました。
①…最初の授業で縫ったもの。針目がバラバラでガタガタ

②…1回目の授業の後、家である程度練習した後のもの。針目は大きいものの、少し揃ってきたかな?でもまだ針を持つ手に力が入ってる。

③…2回目の授業の後、家で練習したもの。少し手の余分な力が抜けてきて、だいぶ針目も細かくなり揃ってきました。でも、こうしてみると、まだゆがんでいますね。まっすぐ4mm間隔で縫う事が目標。


次回の授業までに浴衣の反物を用意しなくちゃいけないんですが、いざ買おうと思っても、どこをあたればいいのやら。。少し時間があるので、ネットや地元のお店をいろいろ見てまわりたいと思います。
[PR]

by 723balance | 2006-04-23 18:58 | 着物 | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 これ何バトン?初バトン。   

tomorows cafeさんからバトンが回ってきたので、やってみまーす。
実は初バトン。(* ̄m ̄) ムフッ

More>>
[PR]

by 723balance | 2006-04-22 18:27 | MyLifeStyle | Comments(4)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 リネンカーテン   

b0054956_18413739.jpg3年前ここに住む時に作った、バッキンガムプリントのカーテン。洗濯を繰り返すうちにだんだんと色褪せ、洗濯しても取れない汚れも染み付いてきたので、新しく作る事にしました。


素材はリネンにこだわり、色は前のと同じグリーンで探していたら、選択肢がかなり狭まってリネンギンガムチェックになりました。それにしても真似したい程かわいいカーテンというものを見つける事ができなかったのでイメージが湧かず、ただ周囲を縫っただけ。完成したものはあまりにも面白みがなく、苦し紛れにレースをあしらってみました。リネンだからなのか、生地だけで見ている時と、光に透かして見た時と随分雰囲気が違ったので、最初は少し違和感があり「うーん」と思っていたのですが…2ー3日もすればなんだか馴染んできたので、ちょっと安心しました。カーテン自身の重みでしわもきれいに伸びたし。でも、生成りの無地にレースをあしらった方が雰囲気が出たかも。

b0054956_1845435.jpg
リネンにこだわったのは、冬の間の窓に付く結露防止になればと思ったからなんですが、残念ながら効果はなさそう。ただ、カーテンについた結露が早く乾く点には期待したいです。


ところで、役目を終えた前のカーテン、まだきれいな部分がいくらか残っていたので、何か使い道はないかと考えてみました。大きい生地なのであまり細々したものにはしたくない、かといってシーツやテーブルクロス、ランチョンマットはちょっと避けたい、b0054956_18455027.jpgじゃぁ何に使えるかなぁと部屋を見渡していたらエアコンが目にとまりました。エアコンに生地をあて、ピンをうち、なんちゃって立体裁断で即席エアコンカバーを作ってみました。しわは寄るし、下はたるんでるし、かえって不細工なんじゃぁ。。と思っていたんですが、意外にオットに好評だったのでそのまま利用しちゃってます。

+ +
生地:ノムラテーラ
[PR]

by 723balance | 2006-04-19 18:52 | ソーイング-バッグ・雑貨他 | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 和裁教室−1−10年越しの思い   

b0054956_22182610.jpg
あれは確か1996年7月号のfemale(ソーイングブック)だったと思います。
その雑誌には浴衣の裁断図が載っていたのですが、それを見て浴衣の、つまりは着物の全てのパーツが長方形からできていることを知りました。

直線の一切ない人間の体を、直線だけの布の集合でくるんでしまうという知恵もさることながら、洋裁にはつきもののハギレが生まれる余地がないことに驚きました。
長方形のパーツをうまく組み合わせる事で生地を無駄なく使いきる。言ってしまえばただそれだけのことなのかもしれないのですが、その時私はひどく衝撃と感動を覚えました。素材を最大限生かそうとするその心の根底に、もっと崇高な日本人の精神を見た気がしたのです。自然の恵みへの感謝と、それを形にしていく職人への敬意の念、今思えば、その時私が見たものはそういうことだったのかもしれません。それ以来和裁に興味を持ち、いつか機会があれば習いたいと思うようになっていました。

が、いざ教室を探してみるとプロ養成の学校ばかり。ようやく気軽に習えるところを見つけても、人気のため応募者多数で抽選にはずれ、次の機会を待っても、なかなか募集がはじまらず。。母の知り合いの方に教えてもらえるという話もあったんですが、その方が忙しくて都合がつかなかったりと、そんな具合に時間だけが過ぎていきました。ただその間、着付はチャンスがあったので、習っておくことができました。

それが、今年に入ってあっさり教室が見つかったんです。内容も時間帯もいい具合。ようやく時期が巡ってきたようです。4月から、1回2時間で月2回、半年間かけて浴衣を縫います。完成する頃には夏は終わっているんですが。


前置きが随分長くなりましたが、先週和裁教室の第1回目に行ってきました。教室には10人ちょっとの生徒さんがいたのですが、全員が初心者というわけではなく、半年間の授業を1クールとすると、2クール目、3クール目の方もいました。先生がグループごとに回って教えていく形式になっているようです。

b0054956_2139670.jpg
最初に軽く自己紹介をした後、あとはひたすら運針の練習でした。「運針なんて、要は並縫いができたらいいんでしょ?」とタカをくくっていたら、いきなり打ちのめされてしまいました。単に縫えたらいいのではなく、きれいに早く縫うための針の持ち方、作法があるんです。仕上がりや着心地にも影響する運針は和裁の基本であり、全てかもしれない。初回のその日は、針を運ぶどころか針に遊ばれる始末。家にあった手ぬぐいを使って縫ってみたんですが、はじめての運針は写真のとおり散々なものでした。とりあえず練習するしかないですね。当分寝る前の10分間は、運針練習の時間だな。
[PR]

by 723balance | 2006-04-15 21:38 | 着物 | Comments(10)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ビーズネックレス   

久々のビーズアクセサリーです。
寒い時期は首から体温が逃げていく気がするので、ひたすらタートルで首を覆い冬を過してきたんですが、その反動がきたようです。春になって首元を飾るこういうものが欲しくなり、一気に2つ作ってしまいました。
b0054956_1905354.jpg

上の方はBeads Maniaのキットで、珊瑚のピンクがたまらなくかわいい。全体的に小ぶりで繊細な感じのネックレスです。下の方は同じサイトのレシピ集を参考に、手持ちのビーズを消費すべく作ってみたんですが、なんだか垢抜けない。たぶん、使う金具の質感や太さ、小さなパーツの使い方でその辺りがぐっと変わってくるような気がするんですが、ビーズアクセサリーのデザインは、洋裁とはまた勝手が違うと改めて感じました。

生地を見れば、洋服やバッグなど作りたいもののイメージが湧くのに、ビーズはパーツを見ても、さっぱり想像力が働かない。ソーイングがサイコロの展開図的思考だとしたら、ビーズは積木的思考。小さなパーツの集合で全体像を描き出す能力が必要な気がします。でもまぁ、私はやっぱり布に魅力を感じるし、ビーズまで欲張る事もないので、これからも素直にキットの恩恵にあずかろうと思っています。布から派生するものに関しては、いろいろと欲張っちゃいますが。
[PR]

by 723balance | 2006-04-12 19:34 | その他手作り | Comments(6)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 春の京都   

週末は天気も良く、桜も見頃を迎えて絶好のお出かけ日和。
この時期はあちこちで様々な行事が催されるので、オットとおでかけしてきました。
ニュースではよく見かけるけど、実は行ったことのない「京都御所の一般公開」と「都をどり」をメインに、いつもはあまり足を運ばない、京都らしい場所を意識して歩いてみました。

なんですが、いろんな所を訪れすぎて、なんだかうまく文章がまとめらないんですよ。なので、写真メインでUPしています。

b0054956_21364317.jpg
◆京都御所の一般公開
いつもは人影もまばらで静かな京都御苑が、大勢の人で埋め尽くされていました。大正天皇、昭和天皇の即位礼が執り行なわれた場所(紫宸殿:ししんでん)などを見る事ができ、こういう神聖な場所に入れる事の貴重さを改めて実感したのでした。

More>>
[PR]

by 723balance | 2006-04-09 22:25 | お出かけ | Comments(6)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 リネンストール   

先日買ったジャックアンドビーン(J&B)さんのリネンで、ストールを作りました。
b0054956_21394179.jpg
J&BさんのHPにUPされていたストールの写真がとても素敵で、どうしても同じ物が作りたくて購入したリネン。実はケチって1mしか買わなかったので微妙に長さが足りなかったんですが、両端に20cmほど継ぎ足して、その上からレースを縫い付けてなんとか完成させました。レースの色は、もう少し白っぽい方が好みだったかも。

作り方はいたって簡単なのですが、フリンジはちょっと大変でした。本当は少量ずつ束ねて根元を結ぼうと思ってたのですが、最初の1〜2つ結んだところで途方もない作業に思えて、さっさとやめてしまいました。でも、完成してから1回水に通したら、フサフサしていたフリンジが小さく束状にまとまったので、この状態だったら少しは楽だったかも。でも、結局何もせず横糸を抜いたままの状態。何か処理した方がいいのかな?

ちょっと肌触りが硬いんですが、最初に5回くらい洗濯機を回した方が良かったのかしら。でも、リネンは使っていくうちに馴染んで風合いが増すみたいなので、その過程も楽しめたらな、と思います。

+ +
生地:ジャックアンドビーン(アイリッシュハンドワッシャーリネン/生成り)
レース:ノムラテーラ
[PR]

by 723balance | 2006-04-05 21:35 | ソーイング-バッグ・雑貨他 | Comments(12)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 4月のパン   

昨日は月に一度のパン教室。
早くも4月に突入しましたね。今月のパンは「ベーコンエピ」と「編みパン」でした。
b0054956_16361082.jpg

パン屋さんでよく買うベーコンエピが作れるとあって、今月も楽しみにしてました。これはフランスパン専用粉を使い、高温でパリっと焼き上げたパン。エピとは麦という意味らしく、なるほど言われてみると麦の穂の形をしています。ベーコンを挟んで細長く成形し、キッチンばさみでカットして交互にずらしてこの形を作っています。

編みパンは、紐状に伸ばした二本の生地を使い、4つ編みとリース型に成形しました。生地にはリキュールをふりかけたオレンジビールを混ぜ込んでいて、爽やかな香りとほのかな甘みが新鮮。スイスやドイツ、オーストリア辺りのパンらしく、実は哀しい由来を持つのですが、現在ではお祭りの時によく作られるそうです。


パン教室も1年が経ち今回で修了で、最後に修了証書をいただきました。月に1度のクラスでしたが、何か一つの区切りを迎えるというのはなかなか感慨深いものがあります。最初の頃は要領を得なかった生地こねや発酵具合も、次第にパン生地と対話できるようになり、「育てる」感覚に近いおもしろさがあることを発見しました。そして焼き上がる匂いと、焼き立てを味わう瞬間はなんとも幸せなもの。また家でもパンを焼いていきたいです。

来月からまた新しいクラスが始まります。
またブログにUPするので、こちらもお楽しみに!
[PR]

by 723balance | 2006-04-02 16:57 | 料理教室 | Comments(4)