無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2005年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 京都の紅葉(史跡 詩仙堂)   

(11/29の続き)
岩倉実相院門跡を出た後、バスを乗り継いで詩仙堂(しせんどう)に向かいました。でも、その前に京和洋菓子店にて腹ごしらえ。

b0054956_22315716.jpgランチメニューは、白みそのお雑煮(餅入り)、赤飯、ごま豆腐、箸休め、おばんざい。和菓子屋さんだけあって、お餅や赤飯がモチモチでおいしい!無駄のない味付けで風味豊かな味わいでした。おばんざいが、ひじきでなく筑前煮あたりなら、なお良かったけど。白みそのお雑煮で一足早く正月を迎えた気分になりました。

b0054956_223282.jpg和菓子付きのセットを頼んだので、食後にお抹茶とでっち羊羹(栗入り)が出てきました。これまた美味。


さて、お腹も落ち着いたところで、詩仙堂へ向かいました。

More>>
[PR]

by 723balance | 2005-11-30 22:49 | お出かけ | Comments(2)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 京都の紅葉(岩倉実相院門跡)   

今日は創立記念日で仕事が休み。忙しい時の休みなんて、自分で自分の首を絞めるようなものなんですが、思っていたよりなんとかなりそうだったので、心おきなく休みを満喫してきました。もうこの時期は、紅葉を見にいくしかないでしょう!天気が心配だったのですがなんとか晴れてくれました。

b0054956_22183086.jpgまず最初に向かった先は「岩倉実相院門跡」。場所は、地下鉄の国際会館(北の終点)からさらにバスに乗って10分のところにあります。しかもバスは1時間に1〜2本くらいしかなく、なかなか足を延ばしにくい所です。

ここは、漆塗りの床に紅葉が映る「床もみじ」が有名なんですが、残念ながら室内は撮影禁止。にもかかわらず写真を撮る人が後を絶たないらしく、あちこちに「撮影禁止」の注意書きが乱雑に貼られていました。この場所の紅葉は半分くらい散っていて、残った葉っぱも強い風が吹く度に、ざーっと流れていきました。それでもまだ床は彩りよく、しかも、空が晴れたり曇ったりしていたので、光の加減で移り変わる様子を楽しむことができました。もしピークの時に来ていたらどんな風に映っていたのだろう…パンフレットの中の写真を頼りに頭の中で描いた床もみじは、まるでうごめく炎のように、赤く、迫力があるものでした。もし、黄色い紅葉だったら、黄金色に輝いていたのだろうか。まばゆい光景が浮かんできた。

床もみじの写真を御覧になりたい方はお寺の方が書かれているブログへどうぞ。

b0054956_2227211.jpg石庭の紅葉は今が見頃


b0054956_22273198.jpg日射しを受けた紅葉

その後、バスを乗り継いで詩仙堂に向かいました。

つづく…
[PR]

by 723balance | 2005-11-29 22:39 | お出かけ | Comments(2)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 最近買った生地・副資材   

目まぐるしい1週間だった。来週がヤマだと思っていたけれど、昨日どんでん返しがあったので、もうしばらく続くのかも。ε-(´ー`*)

久々に生地やら副資材やらいろいろ買いました。

b0054956_9243094.jpg木綿小屋さんのボタンセット(「ベーシック」と「ラブリー」)。こんな容器に入ってるんですね。
b0054956_9401813.jpgこのうち一つを並べてみたら…こんなに入って500円!


b0054956_9405948.jpg地元の生地屋(ボタン屋野田)で買ったウールの生地。ボタンの卸店なんですが、切り売りの生地もいくつか置いてあって、その中から見つけてきました!こちらは既に作りはじめています。


b0054956_941789.jpg地元の生地屋(ノムラテーラ)で見つけたプリントクロス。見た瞬間、これは買っとかないと!と思いました。スカーフのような大きな柄が横に2つ並んでいる個性的な布。よく見ると、鳥の柄なんかもあったりして、すごくかわいい。色は赤とカーキっぽいブラウンですが、他に、黒とネイビーもありました。購入単位は1mごとではなく、1柄分の約60cm幅単位で、単価は480円。お安い!透け感があって、そのまま洋服に使うのには厳しいのだけど、あれこれ頭の中でアイデアを練っています。冬が明けて暖かくなる頃には形にできたらいいのだけれど。


b0054956_9411732.jpg次はバッグ関係で、slowboatさんの革の持ち手(Dカン付きハンドルとショルダーハンドル)、そしてPeachmadeさんのバッグキット。slowboatさんとPeachmadeさんでは、Peachmadeさんの革の持ち手の方が上質でした。さらに比較すれば、CHECK&STRIPEさんの方が、しなやかさがあって良かった気がします。slowboatさん(特にDカン付き)のは、裏側がちょっと気になる。。比較してみるといろいろわかるものですね。いずれにせよ、バッグの制作時期は今のところ未定なんですが、作りたいと思ってもすぐに入手するのが難しそうなので、とりあえず材料を揃えておきました。
[PR]

by 723balance | 2005-11-26 09:47 | 布・副資材・洋裁道具 | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 京都の紅葉(高桐院)   

昨年の今頃は、10箇所も紅葉を見にいっていたのに(行き過ぎ!)、今年は仕事でバタバタしていてまだ行けていない。でも、こういう時にこそ、足を運んでリフレッシュしたいのだけど、疲れているので休みの朝は早く起きれないー 最近、そんなことを思っていたのだけれど、今朝、いつもの休日より早く目が覚めた。外は快晴。今だ!と思い、朝食もお化粧もそこそこに、デジカメもって自転車で出かけてきました。

向かった先は、大徳寺というお寺の中にある高桐院(こうとういん)。朝の9時過ぎで、もう人がぞろぞろとしていました。なんとか人が途切れるタイミングが見計らってシャッターを切りましたが、もう少し遅い時間だったら無理だったと思います。10月末に撮影した写真と並べてみると、色付き具合がよくわかる。本当の見頃はこれからですね。来週あたり、もう一度見にいけたらいいな。

山門
b0054956_1173110.jpg

参道
b0054956_1183384.jpg

四季を切り取る
b0054956_1117528.jpg


昨年の写真はこちら
ちなみに大徳寺といえば大徳寺納豆が名物ですが、甘いと思いきや塩辛いです。血圧急上昇しますね、間違いなく。お気をつけください。
[PR]

by 723balance | 2005-11-23 11:15 | お出かけ | Comments(6)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 French Lineドット&ボーダー   

b0054956_103774.jpg以前買ったC&SさんのFrenchLine ドット&ボーダーを、ずーっと服のデザインが決められず寝かせていたのですが、そうだ!Uネックのブラウスにしよう!と、ようやくイメージが湧いて形にすることができました。

この生地は、水玉の面とボーダーの面があり、どちらでも表にできるようになってます。それで、何のためらいもなく水玉を表にしたのですが…ううっ、この柄でこの形は、私にはかわいすぎた。ちょっと厳しいぞ(汗)。で、何気なく裏返しにして着てみたら、案外ボーダーの方が合わせやすいことを発見!


それで、少し迷ったものの、パイピング以外はほどいてもう一度縫い直しました。それがこれ↓。
b0054956_172625.jpg

こっちの方が、甘さが押さえられて、他の服と合わせやすくなりました。水玉が全く見えないのももったいないので、パイピングと袖口の所だけ見せています。生地で見ていいと思うものと、洋服に仕立てて映えるものは、やはり違うということを改めて感じたのでした。それにしてもこの生地、肌触りが気持ちいい。

Uネックブラウスって初めて作ったのですが、柔らかなラインがなかなか良いですね。袖のフレアーも気に入っています。

* *
生地:CHECK&STRIPE FrenchLine ドット&ボーダーブルー
パターン:「キャミソール&ワンピース」より「Uネックブラウス」。
袖は、同じ本から「白いチェックの長袖ワンピース」の袖をそのまま使用。
[PR]

by 723balance | 2005-11-19 01:34 | ソーイング-大人服 | Comments(10)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 スパッツ   

b0054956_10472831.jpg

スパッツって、あんまりはく習慣がないんです。って言うのが、単なる意地に思えてきた。寒さがこたえるようになってきたんです。(〃∇〃)テヘッ

寒かったら温かい格好をすればいい、と思い、手ごろな生地と無料型紙があったので、スパッツを作ってみることに。

以前作ったタートルネックと合わせれば、ちょうどほしかったパジャマになるかも!と思っていたら…これはホームウェアというより、肌着ですね。ももひき、もしくはパッチの感じ。これで家の中をうろうろしていたら、少し恥ずかしくなってきました。どうやら、単品で着るものではないらしい。そうか、これがスパッツなのか。ふむふむ

とはいえ、このフィット感は素晴らしい。生地の肌触りの良さがダイレクトに感じられて、病み付きになりそうな程、心地いい。家にいるときは、手放せなくなるかも。


それにしても、今週は急激に冷えてきたなぁ。でも、これで京都の秋が一段と深まりそうです。


* *
生地:接結ドット
パターン:無料配信パターン(スパッツ)
ともにWildberry
[PR]

by 723balance | 2005-11-16 10:53 | ソーイング-大人服 | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 作りたかったワッフルのタートルネック   

作りたかったワッフル生地のタートルネックを、ようやく作る事ができました。
b0054956_1727204.jpg

生地といい、パターンといい、これは良いです。
生地は、MANALOLEさんのオリジナル小花柄ワッフル(クリーム×パープル)、パターンはWildberryさんの無料配信パターンのもの。

私にとっては初めてのワッフルだったのですが、いい出会いだったように思います。地色と柄がまさにほしかったもので、マス目が小さめで洋服向き。扱いやすさの点でも特に不満はなかったし。この生地を見ているとスパッツが頭に浮かんできました。あまりはく習慣はないけれど、この生地で作ったものなら着てみたいかも。でも、ワッフルってどこのお店でも全般的に高めなんですよねぇ。そこがネック。

次にパターン。もともとよく伸びる生地向けのパターンだけあって、フィット感があります。あと、タートル部分のくしゅくしゅ感がツボ。袖も長めでちょうど良いバランス。こんなに使えるものを無料で配信してくれるWBさんって、太っ腹だなぁ。

出来上がったタートルは、以前作ったBWのチュニックブラウスとも相性が良く、これからの季節、私の定番になりそう。

* *
生地:MANALOLE オリジナル小花柄ワッフル(クリーム×パープル)
パターン:Wildberry 無料配信タートルネックパターン
[PR]

by 723balance | 2005-11-11 18:05 | ソーイング-大人服 | Comments(4)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 フラワーモチーフのピンブローチ   

b0054956_103053100.jpgアメジストの花びら形で作った、フラワーモチーフのピンブローチ。

ただ純粋にこの形と色に惹かれて作りました。本当は花びらは5枚にしたかったのだけれど、ゆるくて形が崩れそうだったので6枚に。自分が使っているイメージを描く前に作ってしまったので、実は使い道がイマイチよくわからない。

とりあえずバッグのアクセントか、ストールがずり落ちないように留めたり、といったところから使ってみようかしらん。

+ +
Beads Maniaのレシピをもとにアレンジ
フラワーチョーカー
[PR]

by 723balance | 2005-11-09 10:29 | その他手作り | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 祇園をどり   

土曜日に、オットと祇園をどりを見に行ってきました。祇園をどりとは、五花街※の一つ、祇園東で11月に開かれる舞子さんや芸妓さんの舞踏公演のことです。
b0054956_22392983.jpg

場所は、10月に行った上七軒歌舞練場のような品格と風情漂う会場を少し期待していったけれど、普通の会館でした。席も一番後ろ。その場の雰囲気で気持ちの高鳴りも変わるらしく、前回ほど入り込めませんでした。それに写真を撮りながらの鑑賞だったから、余計に踊りに集中できなかったのかも。意外なんですが、撮影禁止ではないんですよ(写真の下の方に写ってる小さい光は、携帯の液晶画面。みんな撮ってる)。でも、やっぱり鑑賞中は写真なんて撮らない方がいいなー。周りの人はもちろん、自分自身も集中できない。

b0054956_2240198.jpgb0054956_22395246.jpgところで、踊りの前にお茶席がついていたんです。でも、時間がなくていただけなかったのですが、帰りにお茶受だけもらうことができました。が!帰って開けてびっくり!なんとお皿付きだったのです。なかなか上品なお皿。和菓子もなんだかすごくおいしかった。この日、私が一番反応したのは、実はこれだったかも。



※五花街とは「祇園甲部(ぎおんこうぶ)」「先斗町(ぽんとちょう)」「宮川町」「祇園東」「上七軒(かみしちけん)」の5つの花街(かがい)のこと。
[PR]

by 723balance | 2005-11-08 22:42 | お出かけ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 11月のパン   

11月のパンは、ドイツのパン、ブレッチェンとシュトーレンでした。
b0054956_10453862.jpg

ブレッチェンの方は、とってもシンプルで素朴なパン。こういうパンは、専用のちょっと上質の粉を使うのがコツだそうです。パン屋さんのような焼き上がりと食感に感動しました。冷めてから食べてもおいしかった。

シュトーレンはクリスマスの伝統菓子で、中には洋酒漬けのドライフルーツやナッツ類が入っています。焼き上がりを試食しましたが、時間をおく程に味が馴染んでいくようなので、毎日ちょっとずつ食べて楽しみたいと思います。
[PR]

by 723balance | 2005-11-06 10:57 | 料理教室 | Comments(2)