無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カテゴリ:料理教室( 42 )   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 8月の和菓子ー夏遊びー   

先週和菓子教室がありました。お盆休みの関係でちょっとスケジュールが変則的になってます。

b0054956_18223320.jpg
8月の和菓子は
・いそべだんご、ずんだだんご
・くりようかん

でした。


どちらも簡単に作れるお菓子でしたが、今月も新しい発見の連続!何度もへぇ~、ほほぅ、と思わず言ってしまう内容でした。

ようかんは格調高いお菓子だということ、おだんごは白玉だんご(白玉粉)とかしわもち(上新粉)を混ぜたものだということ、「ずんだ」は「豆を打つ(=枝豆をすりつぶす)」ことから、「豆打」→「豆ん打」となまった東北の言葉(料理)らしいということ、などなど。。

言われてみると、お客さまに出すお茶うけにずんだだんごは似合わないけれど、ようかんだとしっくりくるし、白玉だんごとかしわもちの二つの食感を、口の中でイメージして混ぜ合わせたら、確かにおだんごになった。でも「ずんだ」は、由来がわかったところで、この色鮮やかな枝豆の緑とは対照的に濁った響きが、私の中で相容れないものには違いないけれど。


最初の印象では、今月の和菓子は季節を先取りしすぎなんじゃぁ(ちょっと暑苦しい。。)と思っていたものの、だんごを丸めながら子供の頃に砂場で作っていた泥だんごの記憶がよみがえり、しょうゆだれをかけていそべだんごを焼いている時の香ばしさが夏祭りを連想させ、なるほど夏遊びだなぁ、と納得できたのでした。
[PR]

by 723balance | 2006-08-02 18:25 | 料理教室 | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 7月の和菓子ー盛夏の輝きー   

b0054956_18213718.jpg
昨日は月に一度の和菓子教室。
今月のお菓子は
 ・夏衣(なつごろも)
 ・水辺
です。

「夏衣」は、道明寺粉を混ぜた寒天であんを包んだお菓子です。あんにはゆかりをまぜていて、あと味爽やか。道明寺粉は、モチ米を干して細かくしたもので、これを水で戻すと、モチ米を蒸す時の木の香りがふわっと漂います。衣の白いつぶつぶがそれ。食感もモチモチ。見た目も涼しげで、あんにも衣にもひと工夫あっておいしかったです。


もう一つの「水辺」なんですが…これについてはちょっと話が長くなります。
これは鮎が泳ぐ清流の川の中を表したお菓子で、この教室に通うずっと前からパンフレットを眺める度に、その造形美に「なんとまぁ」と釘付けになっていました。そして、ようやくこれを作る日が!この日をずっと楽しみにしていたんです!

作ってる時も、出来上がりを眺めてる時も、こんなにワクワクするお菓子に今まで出会った事がありません。

まず中で泳いでいる鮎… >>
[PR]

by 723balance | 2006-07-09 18:46 | 料理教室 | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 6月の和菓子ー梅雨の涼ー   

2回目の和菓子教室。今月は
・笹の露
・茶通(ちゃつう)
です。
b0054956_2259817.jpg
「笹の露」は、三色のあんを透明感のあるくずで包むことで涼感を出しています。黄色のあんは、卵の黄身を茹でて裏ごししたものを混ぜているのですが、色鮮やかでキレイ。和菓子にゆで卵というのがなかなか意外でした。

「茶通」の方は特に季節感はなく、お茶とごまの香りの効いた半生菓子。抹茶入りの皮でごまあんを包み、フライパンでじっくり両面に焼き色をつけています。


今日の和菓子作りなんですが、和菓子の爽やかさとはほど遠く、「スライム」と闘っているようでした。昔流行った、妖怪人間の血液を連想させる、あの緑色のドロッとした物体のおもちゃ。「茶通」の皮はまさにそんな感じ。それでもこれはなんとかあんを包める柔らかさ。でも、「笹の露」のくずは、もうドロドロで大変なことになってました。あんを覆うくずよりも、手にくっついたくずの方が多かったかもしれない。不安に駆られながら蒸し上げ、笹の葉で包むと…おぉ、それなりの出来になるもんですねぇ。ε-(´▽`) ホッ

でも、ラップに包んで茹でるという方法もあって、これだと手も汚れないしお手軽です。
[PR]

by 723balance | 2006-06-10 23:37 | 料理教室 | Comments(4)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 和菓子教室ー初夏の訪れー   

先月パン教室を修了し、今月から新しい教室が始まりました。
今回申し込んだのは和菓子教室。5月の和菓子は、「初夏の訪れ」ということで、「水無月」と「あじさい」でした。

b0054956_22325132.jpg
京都では6月末に水無月を食べる風習があるのですが(晦日祓い:みそかはらい)、これはかつて宮中で、旧暦の6月に冬の間に貯蔵しておいた氷室の氷を取り出し、それを口にすることで暑い夏を乗り切れるように厄払いをするという年中行事があったらしく、それにならってできた風習だとか。この三角形は氷をかたどったものらしい。

水無月といえば、子供の頃から当たり前のように目にしてきたお菓子で、何となく夏によく食べてたなぁというぐらいの印象しかなかったのですが、今日、先生からこういったいわれを聞き、なんだかすごく愛着が湧いてきました。

初めて手作りした水無月は、もっちりした食感の生地と、豆の風味が感じられる小豆(教室では甘納豆を使用)がおいしかったです。水無月好きのオットにも大好評。今までこの風習を良く知らなかったのですが、今年はちょっと取り入れてみようかな。

あじさいは、この料理教室の創作和菓子だそうで、白あんに梅をねりこんだものを、2色のピンクの寒天で覆っています。涼しげで可愛らしい色あいと、梅の爽やかなあと味が、確かに初夏の訪れを感じさせました。寒天のピンク、作った時は濃淡をつけていたのに、家に帰って見たら均一になっていた!何故?


初めての和菓子作りは、心穏やかに創作活動に没頭…なーんてことはなく、人が多かったことあって、かなりバタバタしてました。和菓子作りが簡単なのか難しいのかもよくわからないまま終わったんですが、でもまぁ、初回はこんなところでしょう。
[PR]

by 723balance | 2006-05-14 10:32 | 料理教室 | Comments(14)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 4月のパン   

昨日は月に一度のパン教室。
早くも4月に突入しましたね。今月のパンは「ベーコンエピ」と「編みパン」でした。
b0054956_16361082.jpg

パン屋さんでよく買うベーコンエピが作れるとあって、今月も楽しみにしてました。これはフランスパン専用粉を使い、高温でパリっと焼き上げたパン。エピとは麦という意味らしく、なるほど言われてみると麦の穂の形をしています。ベーコンを挟んで細長く成形し、キッチンばさみでカットして交互にずらしてこの形を作っています。

編みパンは、紐状に伸ばした二本の生地を使い、4つ編みとリース型に成形しました。生地にはリキュールをふりかけたオレンジビールを混ぜ込んでいて、爽やかな香りとほのかな甘みが新鮮。スイスやドイツ、オーストリア辺りのパンらしく、実は哀しい由来を持つのですが、現在ではお祭りの時によく作られるそうです。


パン教室も1年が経ち今回で修了で、最後に修了証書をいただきました。月に1度のクラスでしたが、何か一つの区切りを迎えるというのはなかなか感慨深いものがあります。最初の頃は要領を得なかった生地こねや発酵具合も、次第にパン生地と対話できるようになり、「育てる」感覚に近いおもしろさがあることを発見しました。そして焼き上がる匂いと、焼き立てを味わう瞬間はなんとも幸せなもの。また家でもパンを焼いていきたいです。

来月からまた新しいクラスが始まります。
またブログにUPするので、こちらもお楽しみに!
[PR]

by 723balance | 2006-04-02 16:57 | 料理教室 | Comments(4)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 3月のパン   

3月のパンは、天然酵母の山形食パンとカレーパンです。
b0054956_2032018.jpg

どちらもぜひマスターしたいパンですね。
カレーパンは、カレーを包んで油でじっくり揚げました。パン屋さんで売ってるものより小ぶりでしたが、衣さっくり、パン生地もっちりでおいしかった!

食パンは、手でふたつに割った時にのぼる湯気がなんとも幸せな感じ。焼き上がってしばらくすると、表面がパチパチと癒し音をたてるそうなのですが、残念ながら聞き逃してしまいました!食パンのささやき、聞いてみたかった~(><)。


さて、いよいよパン教室も来月で最後です。なんだか寂しい気もしますが、次のクラスもこれまた楽しみ。先月のブログの時にご意見を頂いたお陰で、次のクラスを決めることができました。コメントやメールをくださった皆さん、どうもありがとうございました。どのクラスを申し込んだかは、5月の開講まで楽しみにしていてくださいね。
[PR]

by 723balance | 2006-03-04 20:39 | 料理教室 | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 2月のパン   

今日は月に一度の料理教室。
今月のパンは「中華まんじゅうと胚芽ブレッド」です。
b0054956_1612616.jpg

胚芽パンは、小麦胚芽を入れて焼き上げたヘルシーで香ばしいパン。中華まんじゅうは、薄力粉をメインに生地をこね、2種類のあんをそれぞれ包み(肉まん・あんまん)、セイロで蒸して作りました。

蒸気をたっぷり含んだ中華まんじゅうは、ふかふかの皮がたまらない!胚芽ブレッドはそのままでももちろんおいしいですが、野菜やハム、チーズなどを挟んで食べたいですね。

+ +
さて、このパンのクラスも残すところあと2回となり、次のクラスの募集が始まりました。でも、どれも魅力的で、自分じゃ決められませ−ん。今、迷っているのは次の5つ。1年に1つと決めているので、複数クラス通うというのはナシです。

・小麦粉つながりで「麺を打つ会」。うどんやそばの他にパスタやニョッキも
・1年で31品目の米料理が習える「お米料理の会」。お米を極めてみる?
・再び「お菓子の会」。リニューアルされたのでもう一度行くのもありかも
「手作り和菓子の会」。季節感が凝縮された和菓子は、見てるだけでも楽しそう
「洋風・中国風の家庭料理の会」。普段作る料理に磨きをかけたい

みなさん、どの料理が見たいですか?
ご意見お待ちしています。
[PR]

by 723balance | 2006-02-04 16:39 | 料理教室 | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 1月のパンと210円   

今日は月に一度のパン教室でした。
作ったのは田舎パンと天然酵母のりんごぱん・あんぱんです。
b0054956_20273732.jpg
田舎パンはフランスパン専用粉とライ麦粉で生地を作り、くるみとカレンズを混ぜんこんでいます。ライ麦が入っているのであまり発酵せず、どっしりとつまっていて素朴な味わいです。りんごぱん・あんぱんもおいしかったですが、天然酵母でなく普通のドライイーストの方が、生地がしっとりしておいしいかも。あと、もう少しあんが多い方がいいなぁ。でも、そうなるとたぶん包むのに技術がいりそうですが。ちなみに、りんごぱんの軸はプリッツ(ロースト)を挿しています。

b0054956_20375731.jpg
ところで、全然関係ないけど今日から地下鉄の運賃が値上げしました。初乗り200円→210円ですよ!(-_-メ)去年の夏か秋頃に決まって、あっという間に実施された。安易すぎる。
[PR]

by 723balance | 2006-01-07 20:52 | 料理教室 | Comments(4)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 12月のパン   

b0054956_22542555.jpg
今月も再びパン時間がやってきました。

12月のパンは
・天然酵母のドライフルーツスティック
・オニオンチーズ
です。

ドライフルーツスティックは全粒粉を使い、ツブツブのある素朴な食感がおいしかったです。何よりドライフルーツが山盛りで、その量は粉よりも多いという贅沢なパン。たぶん、作るより買った方が安い…きれいに成形するより、少しぐらいいびつな方がおいしそうに見えます。

オニオンチーズは、たまねぎとベーコンを炒めたフィリングを混ぜ、マヨネーズとチーズをのせて焼き上げます。口の中に広がるジューシーで香ばしい味わいは、想像に難くないはず。手にベトついて混ぜにくかったですが、空腹のお腹にはたまらないパンでした。

今月もおいしくできました。じゅるっっ
[PR]

by 723balance | 2005-12-03 22:55 | 料理教室 | Comments(6)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 11月のパン   

11月のパンは、ドイツのパン、ブレッチェンとシュトーレンでした。
b0054956_10453862.jpg

ブレッチェンの方は、とってもシンプルで素朴なパン。こういうパンは、専用のちょっと上質の粉を使うのがコツだそうです。パン屋さんのような焼き上がりと食感に感動しました。冷めてから食べてもおいしかった。

シュトーレンはクリスマスの伝統菓子で、中には洋酒漬けのドライフルーツやナッツ類が入っています。焼き上がりを試食しましたが、時間をおく程に味が馴染んでいくようなので、毎日ちょっとずつ食べて楽しみたいと思います。
[PR]

by 723balance | 2005-11-06 10:57 | 料理教室 | Comments(2)