無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 着付教室ー4ー(普段着+名古屋帯)   

着付教室4回目。今日も普段着+名古屋帯の練習でした。前回と同様、自分で着ながらわからないところを先生に聞く、という形式です。
今日は天気も良かったので、家から着物を着て行きました。着物を着て外を歩くとそれだけで特別な感じがするのですが、特に今日は空は青いし、桜もいい感じに咲いていて、とても得したような気分でした。ちなみに、教室に着物を来てきた人は、私を入れて8人中2人でした。

ここで今までの教室の光景をちょっと振り返ってみました。私のこれまでの習い事の経験からすると、授業の進め方はだいたい
 1.はじめに「今日はこういうことをします」という説明があり
 2.次にポイントや用語を説明しながら、先生がお手本を見せる
 3.生徒がそれを実際にやってみる

という流れでした。

だから、今回も当然そんな流れを想定してたので、
 1.「はい、今日はまずは一通り着物を着てみましょう。」
 2.「まずは、最初に足袋をはきます。半分に折ってから足を入れると楽にはけますよ。」
 3.「さあ、みなさんも一緒にやってみましょう」

という流れになると思っていたのです。でも、実際は、いきなり「足袋をはいて、長襦袢まで着ておいてね」で始まり、足袋をはきにくそうにしている人がいたら、「足袋を半分に折ってはいたら楽よ」とアドバイスされていました。帯を結ぶ時も、後ろで先生が「こっちの手で帯をこう持って、反対の手でここを押さえて。。」という調子で、本人としてはどういう事が背中で起こっているかわからないし、「こう」とか「こっち」とか言われて余計混乱して、かなりストレスを感じました。

もちろん、先生によっても教え方は違うと思いますが、人に何かを教えるのにも技術がいりますね。でも、無料なので文句は言えません。全てがそれで片付けられてしまいそうですが、でも2回の練習でとりあえず自分で着られるようになったのも事実なので、先生のやり方に従って、残りの授業も受けてみようと思います。

次回の着付教室は、1か月ほど時間が空きます。
[PR]

by 723balance | 2004-04-01 22:34 | 着物 | Comments(0)

<< 金曜日完成目標 着付教室ー3ー(普段着+名古屋帯) >>