無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 デジイチ講座1 ーOLYMPUS Digital Collegeー   

最近デジタル一眼がほしくて、特に買うあてもないのだけど、買えなくったって好きなメーカーや機種を見つけることぐらいはできる!と思い、とりあえずメーカーが主催している一日講座に参加してみることにしました。で、手始めに、昨日大阪の長堀橋まで出かけてオリンパス主催のDigital Collegeという写真講座に参加してきました。

今回参加したのは、これからデジタル一眼を使ってみようというユーザーを対象としたもの。座学と一人一台貸してもらえる実機(E-330)による実習が各1時間程度で、休憩と質疑応答、宣伝等をいれて2時間半の内容でした。参加者は私を含めて7人。





講座内容
座学では、銀塩やコンパクトデジカメと比較しながらデジタル一眼の一般的な特徴について説明があり、その後の実習では、電源の入れ方に始まり、撮影・プレビュー・削除の基本操作と、露出・ホワイトバランス、ISO感度の3つの補正方法を教えてもらいました。そして、隣に用意されていた撮影スペースで実際に補正の効果を体験。また、4月下旬発売予定の機種、E-410(本体重量375gという世界最小・最軽量の製品 軽っ!)も置いてあり触ってみることができました。

感想
やはり、最初の取っ掛かりを教えてもらえると理解がスムーズですね。資料を読むだけではぼんやりしていたポイントが、なんとなくではあるけれど感覚的に掴めた気がします。敷居が高く感じていたデシタル一眼でしたが、デジタル一眼でもコンパクトデジカメでも撮影の大事なポイントはそれほど変わらないし、よく使う機能は使いやすいように設計されているんだと気付き、気分的に楽になりました。デジタル一眼の難しさ(醍醐味)は、操作性よりもレンズの使い方・選び方かもしれないと考えると、今回の講座ではそこまで体験出来なかったわけですが、いろんなレンズを試せる講座も別であるので、まぁ入門講座としてはちょうどよかったと思います。

----------(ふぅ、ちょっと休憩)----------
b0054956_16203541.jpg

オリンパスのデジタル一眼の1番の特徴(と今回私が感じたの)は液晶に表示させながら撮影できる機能(ライブビュー)が備わっていることでしょうか。普通のコンパクトデジカメでは当たり前のこの機能は、デジタル一眼は構造的に難しいらしいのですが、今回貸してもらった機種はそれが可能でした。しかも、液晶画面の角度も変えられるので、首が痛くなりそうなハイアングルやローアングルでも楽々撮影。さらに、ピントを合わせたい箇所を拡大表示する機能があり細部までこだわって撮影できるので、ライブビューに力を入れているのがよく伝わってきました。

ただ、画期的であろうこの機能も、今回の参加者がコンパクトデジカメユーザーとあってか反応がわりと普通で、ちょっぴりメーカーがかわいそうな気がしました。あと、実習中にみんなが当たり前のように液晶を見ながら撮影している光景も、少し奇妙な感じでした。一眼なのに液晶を見ながらの撮影は、端から見てもあまり格好の良いものではないし、何より不安定でブレそう(手ぶれ補正も無いし)。腕もたぶん疲れる。必要な時だけでなく常にライブビュー機能を使うという撮影スタイルの変化を、メーカーは予想していたのだろうか…。デジタル一眼持ってないので、想像で分析してますが。


…と、長文になってしまいましたが、こんな具合にいろいろ知っていろいろ感じる事ができた写真講座、なかなかおもしろかったので、また他のメーカーの講座も探して行ってみたいと思います。
[PR]

by 723balance | 2007-04-01 16:24 | カメラ・写真 | Comments(8)

Commented by bavarde at 2007-04-01 18:02 x
いつも思いますが、ほんとナツミさんは研究熱心でいらっしゃる!!
私も一時期、デジイチが猛烈に欲しい時期がありましたが、
大事なのはモノじゃないなぁと思った途端、急に冷めてしまいましたが。。。
テレビもそうだけど、カメラも各メーカー競争してますものね。
次回のレポートも楽しみにしてます!
Commented by 723balance at 2007-04-02 18:00
:: bavardeさん
bavardeさんにそう言っていただけて嬉しいです^^
ほんと、カメラも電化製品も各社競争しているので
いざ買おうと思ったら、いろいろありすぎて迷いってしまいます。
「大事なのはモノじゃない」…深いお言葉です。
Commented by makiko* at 2007-04-02 22:45 x
デジイチ講座なんてあるんですね!
今使っているデジカメがかなーり古いので新しいものが欲しいけど、、、、
壊れるまでは買えない貧乏性です。こんな講座受けたら
デジイチが欲しくなること間違いないですね~。
でも その前にロックミシンが欲しいっ
Commented by ameiro at 2007-04-03 10:08 x
723さんおはようございます!
しばらくご無沙汰していました。

私もメーカー主催の一眼レフ講座に学びに行きたいと思っていたので、
実際に行かれた方の感想を聞けて嬉しかったです。
あの大きな一眼レフをライブビューで全員で撮影している光景…
ちょっと不思議で愉快な光景ですよね(笑)
一眼レフはレンズを覗いて、ピントやシャッタースピードを合わせたり、
カシャっという独特のシャッターの音を楽しむという醍醐味が
あるから良い様な気がするのですが、723さんもそんな感じだったのでしょうか?
Commented by 723balance at 2007-04-03 18:17
:: makiko*さん
えぇ、買う予定もないと言いつつ、一通り講座を受けた頃には、
買う気モードになっていると思われます(笑)
でも、本当は私もカメラよりロックミシンの方が欲しいんですよ〜。
カメラ講座を受けながら、ロックミシンでもこんなんがあったらいいのに
って思ってしまいました。
ミシン屋さんに足を運んだりしてるんですが、
ミシン業界ってなんか閉鎖的な感じがします。
Commented by 723balance at 2007-04-03 18:18
:: ameiroさん
こんにちは!
初めてのカメラ講座は、わかりやすくておもしろかったです^^
それにしてもやっぱり一眼レフなのにライブビューで撮影って、おかしいですよね?
しっかり構えて、シャッターを押した時のカシャッっていう感触が
きっと一眼レフの優越感を感じる時だと思うんですが(笑)。
でも、カメラがどんどん小型化して、
手ぶれ防止やライブビューが当たり前のようになったら
こういう撮影スタイルが普通になったりするのかなぁって思いました。
Commented by tomozo at 2007-04-05 15:10 x
ナツミさんこんにちわ~
楽しそうな講座ですね!私は主人からのお下がりデジカメと携帯のみですが、譲ってくれた本人さんは、どんどんデカイカメラになりつつあり
レンズもなんかいろいろハメテイマスw
高いのでオークションなどで格安で買う方法模索しているみたいです(笑)
その主人のお陰でwこの講座のお話しよく分かります^^
今はカメラする人も多いので以前よりも身近ですね。
しかし、ミシンもカメラもはまるとどんどんと欲が出ちゃいますね~^^ゞ
Commented by 723balance at 2007-04-06 12:31
:: tomozoさん
こんにちはー!
長文にもかかわらず、読んでくださってありがとうございます♪
そうですか、tomozoさんのご主人のカメラはどんどんパワーアップしていってますか^^;
でも、欲が出ると言う事は自分の世界に広がりができるわけで
もっと積極的に好きな事にお金をかけてもいいのかもしれないなぁって、最近思ったりします^^

<< 和裁教室(単衣)ー12ー  完成 まんまるスイートポテト >>