無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 和裁教室(単衣)ー11ー   

b0054956_1825246.jpg
写真では前回との違いがほとんどわからないかもしれないけれど、11回目の和裁教室では

・衿先の始末
・共衿つけ
・裾 額縁仕上げ

をしました。形が出来上がってくると俄然ヤル気が出てきますね。次回、袖をつけたらいよいよ完成です。





b0054956_1895674.jpg
ところでこれ、祖母のウールの単衣の着物なのですが、この機会に手直ししてみることにしました。今はこれだけ裄が短いけれど、袖つけのところをほどいて、身頃と袖から2cmずつ出して4cm、左右で計8cm出す予定。着丈も出せたら良かったのだけど、内揚げがなかったのでそれは残念ながら無理そうです。

[PR]

by 723balance | 2007-03-22 18:27 | 着物 | Comments(2)

Commented by ゆり at 2007-04-02 12:26 x
初めまして。
私は着物が好きで、今年の4月から、
和裁を習いに行くことになりました。
彼氏の友達のお母さんに教えていただくのですが、
指導していただくプランを考えるということで、
和裁をまったく知らない私は困ってしまいました。
そこで、和裁の手順を調べていたところ、このページを発見しました。
講座の内容がわかりやすく書いてあって、プランの参考になりそうです。
ほんとにありがとうございます。
Commented by 723balance at 2007-04-02 18:20
:: ゆりさん
はじめまして、ようこそ!
これから和裁を習われとのことで、
このブログが少しでもお役に立てたようで嬉しいです。
自分で縫えるようになるとおしゃれの幅が広がって、
着物が好きな方は特に楽しいと思います。

もし、何か参考となる本を1冊手元に置いておきたいとお考えでしたら、
文化出版局の「新きもの作り方全書」がオススメです。
30年以上前に出版された本で古めかしいデザインですが、
現在でも十分通用する内容ですし、
作り方だけでなく、着物にまつわるいろんな情報が充実しています。
一度、図書館で借りてみられるといいかもしれませんね。
余談になりますが、よろしければご参考になさってくださいね♪

<< fogのはぎれで 布買い >>