無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 和裁教室(単衣)ー8、9、10ー   

b0054956_2149895.jpg
8、9回目の和裁教室は
・衿の印つけ
・力布
・三つ衿芯
・えり付け
という内容でした。10回目は風邪でお休みしてしまいました。

浴衣と違うのは、力布をつけたことと、共衿をつける順序が違うという点ぐらいでしょうか。この辺の話は細かくてちょっと退屈だと思うので、今回は「糸」のお話をしたいと思います。


浴衣を作り始めて、意外と困ったのが「糸選び」でした。洋裁で糸はよく買っているにもかかわらず、浴衣用の糸がどういう風に売り場に置かれているのか見当もつかなかったのです。先生から「浴衣用の縫い糸がある」と聞き教室の近くの手芸店に行くと、確かにそのお店では「浴衣用縫い糸」として売られていました。他のお店ではどう扱われているのかわからないですが、どうやら木綿の手縫い糸のことのよう。とりあえず少ない色の中から反物に近いものを選び、無事購入することができたのでした。

b0054956_2152445.jpg単衣用の糸も基本的には「手縫い糸」を使います。大事なのは、反物の素材とあわせること。例えば、正絹や紬なら絹糸、ポリエステルなど化繊なら糸も化繊のもの、という具合に。じゃあウールの反物だったら・・・ウールの手縫い糸ってあったっけ?わからなかったので先生に確認したら、絹か化繊でということでした。


b0054956_21494331.jpgさてこの手縫い糸、板に巻きつけられているので、使おうとするとこんな具合に糸に巻きぐせがついてしまっています。縫う距離が長いと、糸が絡まってしまってイライラ・・・

b0054956_21504458.jpgそこで、両手で糸をピンと張って、親指で何回かはじくと・・・

b0054956_21513824.jpgきれいに巻きぐせがとれて、作業効率がぐんとUPします。


ちなみに、昔かよっていた洋裁教室では、「蝋引き(ろうびき)」というのをしていました。蝋引ききとは、蝋に糸をひっかけて引っぱり、アイロンをかけて蝋で糸をコーティングするというもの。糸が絡まりにくくなるうえに、丈夫になります。蝋は専用のものも売っていますが、普通のろうそくでもOK。アイロンをかけるときは、糸を薄紙などで挟んだ状態でかけます。手縫いで糸が絡んで困ってるという方は、ぜひ一度どちらか試してみてください。
[PR]

by 723balance | 2007-02-23 22:00 | 着物 | Comments(2)

Commented by カモミール at 2007-02-25 23:50 x
いい感じで作業がすすんでるんですね!ちょっとずつ出来ていくのが楽しみですね!
手縫い糸は私も時々使いますが、確かに距離が長いと絡まってイライラしてました(笑)
蝋引きと言うのはやったことないけど、今度試してみようかな?
Commented by 723balance at 2007-02-26 16:57
>カモミールさん
教室は月2回なので、とてもゆっくりな進捗…
でもだんだん形ができあがってくると、やっぱり嬉しいものですね^^
指ではじくだけでも随分違いますが、蝋引きするとピンとまっすぐになるのでまず絡まりません!少し手間ですが丈夫にもなるので、長く着たいものにオススメです。

<< だいふく チョコレート盛り合わせ >>