無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 11月の和菓子ー冬じたくー   

b0054956_22422540.jpg
今月の和菓子は

・利休まんじゅう
・淡雪かん
・黄身しぐれ

でした。


利休まんじゅうは、嘘か真か千利休が好んだことから名付けられたと言う、黒砂糖風味の素朴なおまんじゅう。黒砂糖を混ぜた小麦粉の皮でこしあんを包み、蒸し上げています。つや良く仕上がって、まるで売っているおまんじゅうのような佇まいに、ちょっと嬉しくなりました。

淡雪かんは、先生がデモンストレーションするのを見ただけで実際には作っていませんが、とても手軽に作れるお菓子です。卵白に寒天液を流し入れながら泡立て、そこにあんずなどを混ぜて冷やしたもの。淡雪のようにはかない口溶けと、あんずの酸味が心地よい。

黄身しぐれは、ゆで卵の黄身を白あんに混ぜて作った皮でこしあんを包み、蒸したお和菓子。皮も中身もあんなので、味はまぁ想像通り、といった感じでしょうか。表面に大きくヒビが入っているのですが、これは、降ったりやんだりして通り過ぎる秋の時雨が、地面に残した跡を表したものだそうです。季節の草花だけでなく、移ろいゆく日常の風景を切り取り、それをお菓子に投影して季節感を表す。見た目も味も何でもないお菓子ですが、そういった意味を知ると、奥深さが見えてきます。


もうすぐ冬がやって来ますねぇ。しんみり。
[PR]

by 723balance | 2006-11-11 22:49 | 料理教室 | Comments(5)

Commented by bavarde at 2006-11-13 00:46 x
淡雪かん、懐かしい!なぜか小学校の運動会の時は、どこのお母さんも
競って淡雪かんを三段のお重に入れてもってきていた記憶があります。
家庭によって、甘さもまちまちで、、、と言っても、たいていは甘すぎるくらい
甘いのですが。
洋菓子もそうですが、和菓子も季節が感じられていいですよね。
Commented by 723balance at 2006-11-13 12:37
>bavardeさん
運動会のお弁当に淡雪かんが入っていたとは!面白いですね。
確かお砂糖はえっ?と思うほど、どっさり入ってました(苦笑)

和菓子は使う材料が限られてるけど
造形で季節感出しているところに、いつも感心させられます^^
Commented by smiledeluca at 2006-11-13 22:27
黄身しぐれの色ってこんな色なんですね。
市販の和菓子はもっと黄色でした。手作りはいいですね~。
次は春の和菓子になるのかなぁ?
それとも大寒和菓子とかあるのかしら?

相談です。袋縫いをするときにかならず 縫い代がピロピロ~と出てきちゃいます。縫ったあとミシン目ギリギリまでカットするんですか?
Commented by 723balance at 2006-11-14 14:49
>makiko*さん
makiko*さん、和菓子にお詳しいですね!
黄身しぐれ、私は今回の授業ではじめて知りました。
なんとなくデパ地下で見たことがあるような気もしてるんですが。。

袋縫いって布端が納まってくれずに出てることがありますよね^^
布端はきれいだったらそのままですが、ほどけているような時は切り揃えます。
でも、あまりギリギリだと強度が落ちてしまうので、5~7mmくらいは残してます。
で、ポイントはたぶん割りアイロンすることだと思います。
割るのが難しかったらせめて片倒しアイロンするだけでも、きれいに納まってくれると思いますよ。うまくいくといいですね♪
Commented by makiko* at 2006-11-14 17:33 x
なるほど・・・やっぱり 決め手はアイロンですか。
チユニックもパンツも袋縫いで失敗をしてしまい、表からチョコチョコと
はさみで手入れをしてます。ロックミシン 欲しいですねぇ。。。

和菓子は食べるより 観る方が好きです。
食べる和菓子屋さんはココ!と決めてます。 
ありがとうございました。

<< レディースGジャン ポーチ*3 >>