無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 桂米朝一門会   

b0054956_072927.jpg米朝一門による吉例南座落語会「桂米朝一門会」にオットと行ってきました。

出演は
 子ほめ     … 吉坊
 浮かれの屑より … 文我
 鴻池の犬    … 千朝
 よもやま噺   … 米朝
    ー中入ー
 胴斬り     … 南光
 肝つぶし    … ざこば

という内容。




最初の3人は今回初めて見ましたが、中でも千朝さんは、はきはきとした丁寧な語り口が、個人的には好感が持てました。

中トリ(中入前のトリ)は米朝さん。舞台のそでから姿を現すと大きな拍手がおこり、高座に着いておじぎをすると、一段と大きな拍手。それは、客席が迎える側になって「いらっしゃい」と米朝さんを迎えているような、温かな拍手でした。

頭を上げて米朝さんが第一声に「もう、わたしゃぁあきまへんで」というと、今度はどっと笑いが起こりました。「こないだなんか、途中から違う落語に変わってまして…」と笑いを交えつつ、

ー 「今回が噺納め」そう思って毎回高座に上がってます ー

「噺納め」に「聴き納め」。米朝さんと観客の間に結ばれた、一種の「覚悟」の糸。あの温かい拍手は、その裏返しなのかもしれない。


b0054956_00333.jpgさて、米朝さんの落語の「よもやま噺」というのは要は、何でもアリ、当日の体調・気分で決めるというもの。「三都の名物→鹿政談」というのが最近の傾向でしたが、今日は「ネタに困った時の三つの『ボウ』」の枕があり、その一つである「けちんぼう」から「始末の極意」という流れでした。短くても味わい深い落語でした。


中入りの後は、私にとってはおまけみたいなもの。
南光は、好きでも嫌いでもないですが、「痛快!エブリデイ」(関西のローカル番組で南光が司会)のしゃべりの延長に聞こえてしまった。「胴斬り」自体は、武士の辻斬り(※)に遭ったある男の胴体がまっぷたつに分かれ、胴体と脚がそれぞれ職を得て働くというシュールなお話。

※辻斬り…刀の切れ味を試すために、路上で行きずりの人を斬ること

最後のトリはざこばでしたが、余韻がありませんなぁ。この人の、物事に対する視点のしょうもなさ加減がどうも好きじゃない、と思う私は懐が狭いのでしょうか。吉朝さんが恋しいです。

b0054956_004268.jpg
四条通りでは、遠くに祇園囃子が響いていました。

今年も京都の夏がやってきた。
[PR]

by 723balance | 2006-07-07 23:58 | 主人ネタ | Comments(12)

Commented by ひよこ at 2006-07-08 14:22 x
 はじめまして。以前から楽しく拝見させてもらっています。きっかけはキャスケットの作り方で検索したことからでした。私は京都にお嫁にきたので、京都のことは全くと言っていいほどわかりません。そして3年がたち、今に至ります。京都の街のことも勉強になります。子供が生まれてハンドメイドで服を作りたくなって、簡単なものばかり作っています。自分のものも作っていますが、基礎がないため自分にいまいち合わない形になってしまいます。ハンドメイドの良さは自分に合うものが作れるはずなのに・・・。型紙をどう直せば自分に合うようになるのかもわからず、根性で着ています。最終的に産後太りが原因か!?と言うところで決着です(^_^;)ナツミさんの洋服はとてもかわいくて、ぴったり合っていて見ているだけでも楽しいです!いつかこうなりたいなあ、なんて思っています(スタイルも洋裁の腕も)。どちらも遠い話ですが・・・。ラップスカートの作り方楽しみにしています。頑張ってくださいね!同じ京都にいるという事は、実はノムラテーラーとかで会ってたりして??
Commented by makiko* at 2006-07-08 22:15 x
お久しぶりです!早くも夏ばて気味でPCから遠ざかっていました。
bavarde さんの入院がショックです。ネットのつながりってってのは
深くもあり浅くもあるので 何も助けてあげられないのがモドカシイですね。ナツミさんは元気ですよね??
話は変わって・・・・落語って聴きに行ったことがないんです。
面白そうですね。子供が大きくなったら行ってみよう!
Commented by 723balance at 2006-07-08 22:52
>ひよこさん
はじめまして、ようこそ!コメントありがとうございます。
ひよこさん、京都のお住まいなんですね。京都で生まれ育ったとはいえ、私もまだまだ知らない事の方が多いですが、それでもこのブログが少しでもお役に立てれば嬉しいです。私もノムラテーラによく出没してますよ^^

型紙や洋裁についてお悩みとのことですが…まずは、お気に入りのパターン屋さんを見つけられてはどうでしょう?布のネットショップのBBSなどからリンクをたどっていくと、参考になる情報がたくさんありますよ。私のオススメはMパターン研究所というところのパターンでしょうか。豊富なサイズ展開や洗練されたデザイン、丁寧な解説書に定評があります。お値段が高めですが洋裁教室に通うのに匹敵するだけのノウハウは詰まっていると思います。
http://www.m-pattern.com/news.html

それからクライ・ムキ著「ソーイング」(日本ヴォーグ社)という本もオススメ。洋裁の基礎全般が幅広くコンパクトにまとめられています。

ともあれ、作りたいという意欲と感性がしぼまないよう、まずは楽しむ事を大事にしてください☆
ラップフレアースカートの作り方、来週中くらいにはご紹介できるかも。お楽しみに!
Commented by 723balance at 2006-07-08 23:09
>makiko*さん
こんにちは^^
bavarde さん、心配ですよね。
何もしてあげられないのがもどかしいですが
そっとしてあげるのも、それもまた優しさかと思います。

落語、気軽に楽しめる古典芸能だと思います。
想像力を働かせて楽しむ落語は、「観て」楽しむテレビや映画とは
また違った新鮮さを感じられるかもしれません。
Commented by カモミール at 2006-07-09 02:36 x
こんばんわ!
今日は久しぶりに夜更かししてます~。
落語は今まで接点がなかったのですが、想像力を働かせて見るというのもなんだか楽しそうですね(^-^)
それに、話や身振りや扇子などだけで想像させてくれる話し手もすごいんでしょうね。いつか行ってみたいなあ~☆
Commented by ひよこ at 2006-07-09 09:22 x
 ありがとうございます。Mパターン研究所、早速のぞきました。以前からいろんなサイトで紹介されていたのは知ってるんですけど、私の腕前ではなあ・・・、と思って見たことはなかったんです。見たら、もう、困っちゃうくらい作りたいデザインばっかり(^_^;)腕前は別としても、サイズは豊富だし、びっくりしました!「私の腕前では・・・型紙つきの本で十分かも」と思ってあまりお金をかけずにいましたが、いつかMパターンでパターンを購入して作るぞ!!っと意欲がわいてきました。習うより慣れろと言いますが、作っていくうちに上達はするのでしょうか?そこも不安なところですが・・・。とにかく下手でも作るのが楽しいからまあいいか、とまとめておきます(笑)
Commented by 723balance at 2006-07-09 20:13
>カモミールさん
こんばんは!
おっ、落語に興味を持っていただけましたか?
案外身近なところで寄席(よせ)があったりするので、機会があればぜひ!
扇子などの小道具が箸、キセル、杖などいろんなものに変化するをみるのも、また落語の楽しさですよね。
Commented by 723balance at 2006-07-09 20:16
>ひよこさん
早速MPLさんチェックされたんですね!
あそこほどのサイズ展開をしているお店は他に知らないですし、デザインもどれも素敵ですよね。説明書が冊子状になるほど充実しているので、「いつか」と言わず、早いうちにトライされても大丈夫かと思いますよ。
何か作られたら、ぜひ教えてくださいね♪
Commented by みっきー at 2006-07-09 20:42 x
米朝さんとお客さんの「覚悟の糸」、切ないね。
双方が同じ空間&時間を大切に大切に共有してるのが伝わって、切ないけどあたたかいなー。

ウチのダンナは相変わらず落語のCDを買い漁ってます。先日「志の輔さんが大阪に来るのでチケット取ろう」となったのですが、平日なので断念しました(>_<)

ダンナは文我さんが好きではないらしく(私はよく知らないんだけど)、「小器用さを鼻にかけてる感じがイヤ」と熱く語ってました・・・何のこっちゃ(^―^;)
Commented by 723balance at 2006-07-09 22:18
>みっきー
そうやねん。米朝さんが登場したときの一段と大きくて温かい拍手が、また切なくもありました。

みっきーんちもCDがどんどん増えていくね!うちも千朝さんの「鴻池の犬」を聴いて、「枝雀ならもっとうまいはず」といって、枝雀さんのCDを買おうとしてたよ。値段が高くて断念したみたいだけど(苦笑)
そういえば志の輔さんの落語は一度も聴いた事がないなぁ。

みっきーの旦那さんのコメントを読んで、うちのダンナがフフッと笑って喜んでいました。「文我は確かに小器用や」と。(^_^;)
Commented by makiko* at 2006-07-11 11:09 x
そっとしてあげるやさしさってのは考えてませんでした!
ワタシ おせっかいな性分なんです。
「そっとする」ことにも意味があると思えば 
ホッした気分になれます。やっと 気持ちが落ち着いたわ~
ありがとうございます♪
Commented by 723balance at 2006-07-11 16:03
>makiko* さん
困っている人を見ると迷わずを差し伸べたいって思えるmakiko* さん
素敵です。きっとそのお気持ち、十分伝わってると思います♪

<< 7月の和菓子ー盛夏の輝きー 本日のお弁当 >>