無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 和裁教室−4−   

先週、4回目の和裁教室がありました。

今回の授業は
・検尺
・裁断(身頃と袖)
・袖のしるしつけ
という内容でした。

まずは検尺。これは、反物をひだ状に折りながら、ちゃんと用尺が足りているか、また残布がどれくらいあるかチェックするための作業でした。それが済むと次は裁断!緊張しますね〜。私のは柄合わせが必要だったので、先生の指導のもと作業しました。その分時間がかかり、全体的にバタバタしてしまった感じはありましたが、先生の手際を間近で見る事ができ、学べる事が多かったです。

b0054956_21412522.jpg
この写真は、裁断した反物を折り畳んで並べたものなんですが、こういう風に置きながら柄行きを確認します。柄合わせで洋裁と一番違う(と私が思った)ところは、左右対称ではなく流れるように柄を配置するという点。そう視点で再度写真を確認すると、同じ柄が同じ高さで並ぶことなく、目線が自然に流れていきます。
ふむふむ、やっぱり勉強になるなぁ、と思っていると、あれっ…

b0054956_220167.jpg
前回の授業で柄合わせについて習った時には、まず、右の後身頃の「肩」にポイントとなる柄を持っていき(それを基準に左の身頃は柄が流れるように)、次に右の後袖のだいたい真ん中(年齢によって上下を加減する)にポイントを持ってくると聞いていたのですが、よくよく見ると、これは右の後身頃の「肩」ではなく「中心側」にポイントが来ています。

私の聞き間違い?それともこういうパターンもあり得るのかしら?それともひょっとして先生がうっかり間違えた?

よく分かりませんが、手持ちの浴衣でも柄行きがバッチリ合っているかというとそうでもないので、着物と違って浴衣はそれほどうるさく言わないのかもしれませんね。

でも、おかしいときはご指摘、よろしくお願いします。○┓ペコリ 先生に聞く勇気がないので…
[PR]

by 723balance | 2006-06-05 21:55 | 着物 | Comments(2)

Commented by makiko* at 2006-06-06 23:46 x
柄合わせ大変でしたか?着物は全て流れで見立てますよね。
付け下げも肩からの流れの柄を大切にします。
着物はいいなぁ。。。。しみじみ
この柄のポイントはエンジの花ですか?花の位置はばっちりのように見えますよ!ワタシの見方が悪いのかなぁ・・・・着物は人によって見方が違ってくるので、洋服のようにいかないといころは難しいですね。

さてさて ナツミさんに質問です。ソファーカバーとカーテンを作る予定なのですが、10メートルの生地は水通ししたほうがいいのですか?
10メートルを裁断せずに水通しすることを考えるとぞーっとします。
Commented by 723balance at 2006-06-07 21:09
>makiko*さん
コメントありがとうございます。
花の位置、バッチリですか?
そう言っていただいて安心しました^^
浴衣は2枚持っているのですが、その手持ちの浴衣と比べても
柄行きの流れる感じはこれが一番きれいでした!

10mの生地の水通し、干すのとアイロンが大変ですね^^;
ソファカバーは多少縮んでもそれほど影響がなさそうなので、水通ししなくても大丈夫かも。でも、カーテンは長さが大事なので水通しされた方が良いのではないでしょうか。

<< るるとのbavardeさんから 衣替えをしていたら・・・ >>