無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 和裁教室−1−10年越しの思い   

b0054956_22182610.jpg
あれは確か1996年7月号のfemale(ソーイングブック)だったと思います。
その雑誌には浴衣の裁断図が載っていたのですが、それを見て浴衣の、つまりは着物の全てのパーツが長方形からできていることを知りました。

直線の一切ない人間の体を、直線だけの布の集合でくるんでしまうという知恵もさることながら、洋裁にはつきもののハギレが生まれる余地がないことに驚きました。
長方形のパーツをうまく組み合わせる事で生地を無駄なく使いきる。言ってしまえばただそれだけのことなのかもしれないのですが、その時私はひどく衝撃と感動を覚えました。素材を最大限生かそうとするその心の根底に、もっと崇高な日本人の精神を見た気がしたのです。自然の恵みへの感謝と、それを形にしていく職人への敬意の念、今思えば、その時私が見たものはそういうことだったのかもしれません。それ以来和裁に興味を持ち、いつか機会があれば習いたいと思うようになっていました。

が、いざ教室を探してみるとプロ養成の学校ばかり。ようやく気軽に習えるところを見つけても、人気のため応募者多数で抽選にはずれ、次の機会を待っても、なかなか募集がはじまらず。。母の知り合いの方に教えてもらえるという話もあったんですが、その方が忙しくて都合がつかなかったりと、そんな具合に時間だけが過ぎていきました。ただその間、着付はチャンスがあったので、習っておくことができました。

それが、今年に入ってあっさり教室が見つかったんです。内容も時間帯もいい具合。ようやく時期が巡ってきたようです。4月から、1回2時間で月2回、半年間かけて浴衣を縫います。完成する頃には夏は終わっているんですが。


前置きが随分長くなりましたが、先週和裁教室の第1回目に行ってきました。教室には10人ちょっとの生徒さんがいたのですが、全員が初心者というわけではなく、半年間の授業を1クールとすると、2クール目、3クール目の方もいました。先生がグループごとに回って教えていく形式になっているようです。

b0054956_2139670.jpg
最初に軽く自己紹介をした後、あとはひたすら運針の練習でした。「運針なんて、要は並縫いができたらいいんでしょ?」とタカをくくっていたら、いきなり打ちのめされてしまいました。単に縫えたらいいのではなく、きれいに早く縫うための針の持ち方、作法があるんです。仕上がりや着心地にも影響する運針は和裁の基本であり、全てかもしれない。初回のその日は、針を運ぶどころか針に遊ばれる始末。家にあった手ぬぐいを使って縫ってみたんですが、はじめての運針は写真のとおり散々なものでした。とりあえず練習するしかないですね。当分寝る前の10分間は、運針練習の時間だな。
[PR]

by 723balance | 2006-04-15 21:38 | 着物 | Comments(10)

Commented by bavarde at 2006-04-15 22:41 x
運針、、、小学校の家庭科でやりましたが、きれいな縫い目って
難しいですよね。
ゆかたは亡き祖母と母が大学生になるくらいまで毎年その年の
流行の柄で作ってくれました。
きれいな柄の浴衣って結構なお値段だから、反物を買って
自分で仕立てられるといいですね。
完成楽しみにしてます。

Commented by makiko* at 2006-04-16 00:06 x
ワタシも手縫いで浴衣縫ったことあります。
いろいろな縫い方を手ぬぐいで刺してから、反物にとりかかりました。
布を張ったまま針を刺していくのは難しいですよね♪
刺すと言うよりくけるという感じだったなぁ。
フフフ ワタシも初めて浴衣を縫ったとき着物の合理的な仕立てに感動したひとりです。完成するころの縫い目が一番綺麗でした。
でも もう作り方忘れてます・・・・・
この手ぬぐいに一澤帆布とありますが・・・・かなり大変なことになっているようですね。もう お店は開いてるんですか?
Commented by shion at 2006-04-16 01:48 x
なつみさん、こんばんは。和裁習い始められたんですね~。
実は私高校卒業してすぐ和裁の職業訓練校に通ってたんです。全寮制のとても厳しい学校でおふろの時間も決められていたり、異性からの電話は取り次いでもらえない、外出も日曜日のみ門限は5時などの厳しい規律に耐え切れず3ヶ月くらいでギブアップしちゃったんですけどね^-^;
1ヶ月くらいはひたすら運針ばっかりみっちりやらされたような記憶が。その後和裁に使う縫い方のサンプル帳みたいなのを作って浴衣を何着かと袴を縫いました。最後に縫った浴衣は1週間くらいで縫ったのかな?同期の子達より手が遅い・・・って悩んでたような気がします。(確か早い子は4日くらいで縫ってた)

今ではすっかり浴衣の裁断の仕方も縫い方も忘れてしまったけど、運針の成果か手縫いの時は和裁の針の持ち方じゃないと落ち着かないんですよね~^-^;
Commented by ふみふみ at 2006-04-16 08:47 x
おはようございます723さん。和裁、いいですね!私も日本のもの結構惹かれたりします。いつか、自分の浴衣なんて縫って見たいと思っていますが、今のところ、母が中学校の授業で縫った浴衣なんかを着たりしています。昔はいろいろそういうの、学校で教えてくれたりしてて、羨ましい時代だなって思います。私のときは簡単スカートと、パジャマでした…。普段でもきちんと着れる裁縫を教えてくれたりしたら、もっと前から洋裁にはまったかもしれませんね。
Commented by 723balance at 2006-04-16 20:11
>bavardeさん
おばあさまが浴衣を作られていた光景や作ってもらったという
思い出が記憶の中にあるというのは、素敵なことですね。
しかもお母さまも和裁をされるんですね。
身近にそういう方がいらっしゃってうらやましい。

着物の仕組みや生地選びなど、洋裁とはまた違った世界を
楽しめたらいいなと思っています。
Commented by 723balance at 2006-04-16 20:36
>makiko*さん
makiko*さんも浴衣を作られた事があるんですね!
仲間がいて心強いです。ぜひいろいろ教えてください^^
私がこれから習う授業も、最初にいろんな縫い方を習ってから
反物にとりかかるという形のようです。
毎日ちょっとずつ運針の練習をしているんですが、なかなか慣れませんね。手ぬぐいにではなく、実際に縫っていくのが一番上達が早いような気がします。

この手ぬぐいも今となっては貴重なものとなってしまいました。
一澤帆布、相続問題で大変なことになっていますね。
社長を解任された三男の信三郎さんが最近「信三郎帆布」という新しいブランドを立ち上げらたんですが、出だしが順調なようでちょっと安心しました。
Commented by 723balance at 2006-04-16 20:43
>shionさん
shionさん、本格的に和裁をされていたんですね!すごい!
でも、そんなに厳しい世界だったとは。
月2回半年で浴衣を縫うのはタイトなスケジュールらしく
普通は1ヶ月くらいかけてしっかり運針の練習をすると聞きました。運針をしっかりやっておくと、やっぱりきれいに早く縫えるのですね。がんばって練習します!またぜひいろいろ教えてください!
Commented by 723balance at 2006-04-16 20:50
>ふみふみさん
和裁経験者や興味を持たれている方が、こんなにもいらっしゃったと知って、とっても心強いです。
私の目標は…とりあえず浴衣を作った後、素材を変えて単衣(ひとえ)の着物を作れたらいいな、と思っています。

私も中学の授業で作ったのはタイトスカートとパジャマでした。
なんか授業で作る物って「課題」というイメージだったんですが、もし、普段に着れるものだと思えていたら、私ももっと早くに洋裁に興味を持ってたと思います!
昔は授業で浴衣も教えてくれていたんですね。それはほんと羨ましい><
Commented by yohco at 2006-04-17 23:55 x
こんばんは
うわ~!723さん 和裁を始められたのですか!
すごいですねっ
運針の奥の深さを書かれている723さんに告白するのは
勇気がいるのですが...私は去年、娘の浴衣を作りました。
邪道にもミシンでっ!!
私も毎年反物から伯母に作ってもらっていたのですがね^^;

私もあの型紙の仕組み(?)に驚きましたよ!!
本当に昔の日本人ってステキすぎますよねぇ。
ちなみに衿付けと身上げは伯母に「貸しなさいっ」と言われ
仕上げてもらいました(笑)
その仕上がりのキレイさはミシンでは到底無理だと思いました。
がんばってくださいね!!!
Commented by 723balance at 2006-04-18 23:06
>yohcoさん
こんにちは〜^^
yohcoさん、ご自分で浴衣作られたんですね!すごい!
私もプロの和裁士を目指してるわけでないので、一通り習ったらミシンで縫っちゃうと思います(笑)ミシンだと少しつってしまうらしいので、それなら縫い目を大きくすればいいかなと思ってるんですが・・・甘いですか?(汗)
とにかく、手縫いでもミシンでも仕組みを知ることが大事ですよね!^^;

<< リネンカーテン ビーズネックレス >>