無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 WEB内覧会コラム#1 家作りのイメージソース・参考にしたサイトや本   

「コラム」「番外編」「雑感」…呼び方は迷ったけど、とりあえず「コラム」として、内覧会とはまた別に、家作り関するアレコレをまとめていきたと思います。今回は家作りのイメージソース(参考にした本やサイト)のお話です。

b0054956_15563148.jpg

インテリア雑誌
「いつか家を建てることがあったら…」と、家作りに想いを巡らせるようになったのは、今から6、7年ぐらい前のことで、きっかけは本屋さんで見かけた1冊のインテリア雑誌でした。それ以来、いろんな雑誌を図書館で借りてきて、気に入ったものは購入して手元においていました。お気に入りの雑誌は「&home」と「PLUS 1 LIVING」です。



当時住んでいたのは築30年超の古い社宅で、6畳のダイニングキッチンと、6畳の和室が2部屋という間取りでした。冬は結露がひどくカビに悩まされ、トイレには壁のすき間を出入りするダンゴムシに似た住人が(汗)。そんな現実から逃避するかのように、雑誌の中のお家を眺めてはうっとりしていました。

雑誌で紹介されているおうちは、新築の場合もありますが、古い建物を大きく手を入れず、家が持ってる良さを活かして住んでる方もいらっしゃって、いろんな人の住まいを見ているうちに、家そのものよりも、暮らし方が大事なんだなーと、思うようになっていきました。そして、新しい家も30年経てば、築30年の家になるのか…ふと思い、住みにくさを古さのせいにしていたら、新築の家に住んでも、数十年か経てば同じ不満を口にすることになるのだな…という思いに至りました。決して快適とは言えない建物だったけど、それなりに何か工夫できるはずと、それ以来、物の持ち方や生活動線を意識するようになりました。もともと苦手だった掃除や片付けと少しずつ向き合えるようになったもの、その頃からです。

少し脱線してしまいましたが、イメージソースの紹介に戻りましょう。

雑誌:ナチュラルインテリアの家をつくりたい
b0054956_1603789.jpg
インテリア雑誌をただ眺めては、どんどん妄想が広がるばかりだったある日、この本に出会いました。収集がつかなくなった家作りに対する夢をうまく整理し、導いてくれた一冊です。感性の問題と思われがちな「ナチュラルインテリア」を実現するための方法が具体的に書かれてあり、素材の選び方などとても参考になりました。また、プラン作りが始まってからも、窓や建具、手すりなど、普段あまり意識しないような所も、ポイントを押さえた写真が載っていて、自分の中でイメージが固まっていないところは、よく開いて教科書のように頼りにしていました。



ハナハウス

プランが出来上がってから見つけた、大阪の工務店のサイト。施工事例をみていると、ナチュラルテイストでありながら、バリエーションが豊富で、しかもどのお宅も完成度が高くてため息もの。引っ越し後と思われる写真が多いので、暮らしをイメージしやすいのも良いですね。家作りの際、様々な制約から途中で仕様変更することが出てきますが、そんな時、判断の拠り所として「目指したい空間イメージ」を持つことが大事だと思っています。そんな、自分にとっての大事な一枚がこの中から見つかりそうなサイト。できれば設計を始める前に出会いたかった…


ファンアンドハウスデザイン

高知にある工務店のサイト。インテリア雑誌などを眺めてあれこれ妄想するのは、自由で楽しかったけれど、いざ家作りが具体的になった時、毎日の「生活」が馴染むインテリアがいいな、と考えるようになりました。食事を作って食べて、お風呂に入って洗濯して、子どもたちがいろんなものを出して遊んで…家の中では絶えず誰かが動いていて、せっかく片付けてもそれをキープできるのは、ほんの数分のことも…そんな毎日の生活を思い返したとき、こちらのおうちや家具は、程よいユルさとかわいさがあり、自然体で暮らしやすそうだなと思って、よく参考にしていました。


イノブンのお家

イノブンといえば、京都では有名な雑貨屋さんですが、リフォーム事業も手掛けているのはあまり知られていないかもしれません。無垢の床や漆喰の壁など自然素材を得意とし、テイストは、ナチュラルだったりカジュアルだったりしますが、どこかエレガントでもあり大人っぽくもあります。リフォームを多く手掛けてるので、Before Afterを見ながら、「これがこうなるのかー!」と、いつもテンションが上がってました。


アトリエイハウズ

京都のデザイン工務店。無垢の床やドアなど、自然素材を使って温もりを出しながらも、潔いカッコよさを感じます。思い切りこだわるところと、思い切ってコストカットする部分のバランスがとても素敵で、すごく影響を受けたと思います。


以上、こんな感じでしょうか。実際にお世話になった工務店は敢えて挙げていませんが、何度も見学会に足を運びたくさん勉強させていただきました。あと、具体的なイメージが知りたいときは、Googleの画像検索もよく利用してました。


b0054956_15583073.jpg
これらの中から気に入った写真をダウンロードしたり、雑誌の場合は写真に撮ったりして、ひたすら収集。そこからさらに厳選して一覧にまとめていきました。そうすることで自分の好みのテイストが見えてきたり、プラン作りの時にイメージをスムーズに伝えられたりして、すごく役に立ちました。このファイル、打ち合わせの時には必ず持参していたので、ヨレヨレになってますね…

以上、家作りで参考にしたサイトや本のお話でした。
[PR]

by 723balance | 2013-11-04 18:16 | 住まい | Comments(2)

Commented by あーの at 2013-11-05 09:23 x
ここまで徹底してやれるということに脱帽します!

うちの場合、転勤があったりするので、
マイホームは夢のまた夢って感じなんですが、
人様のステキな家造りにため息をつきながら
いつかそんな日が来たら・・・と妄想だけはしています。

とりあえず、数年先の引越にむけて、日々の生活の見直しから頑張らなきゃね~…^_^;

いろいろ参考になるお話、ありがとうございました。
Commented by 723balance at 2013-11-05 13:48
:: あーのさん
こんにちはー
参考になると言ってもらえてうれしいです♪

転勤があるといろいろ大変ですよね…
うちは3年前に一度引っ越しをしていて、その時にいろいろ処分したので
それから物は増やさないよう意識していたんですが、
それでもやっぱり荷物が増えてるなーって、今回実感しました。
物の持ち方は、日々研究中です(^ ^)

<< 娘のキルティングジャケットと自... WEB内覧会#1 玄関1 >>