無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 娘の自転車練習日記   

娘の5歳の誕生日プレゼントに買った自転車。補助輪と一緒にペダルを外してバランス感覚を身につけることが、自転車上達への近道と聞いたのだけど、はてさて、どれくらいで乗れるようになるのか、娘の練習の様子をまとめてみました。
b0054956_15124041.jpg






自転車選び
b0054956_15144566.jpgまずは自転車選びについて。最初は、ストライダーとかキックバイクとかいう、ペダルのついていない二輪車を考えたのですが、既に対象年齢が過ぎていたので、普通に自転車を買うことに。

自転車屋さんを2軒めぐり、いろいろ試乗する度に娘は「これにする!」と言っていましたが、最終的に「コーダブルーム」というメーカーの18インチ・グリーンの自転車を取り寄せてもらいました。アルミフレームの軽量で錆びずに丈夫という点、何よりあまり見かけないきれいな色に惹かれて選びました。自転車によっては、16インチでもつま先しかつかないものもありましたが、これは、サドルの位置が低いみたいで、18インチでも両足がちゃんと地面についていました。


イメージトレーニング
いきなり自転車に乗る前に、まずは乗り方についてお勉強。
ブリジストンのこちらのサイトを参考に手順を確認し、後はYouTubeの動画を見たりしました。


1日目朝
b0054956_1515619.jpg自転車屋さんへ、取り寄せておいた自転車を取りにいく。補助輪とペダルは外した状態で用意しておいてもらいました。待ち望んでいた娘はかなりご機嫌。タイヤが思っていたよりアウトドアな印象でした。

そのまま近所の公園へ。まずは、自転車を押して公園内を1周。雨上がりで地面がぬかるんでいたけど、難なくクリア。



b0054956_1516199.jpgつぎにまたいで、地面を蹴って、再び公園内を2周ほど回ってみる。地面のぬかるみに苦戦し、思ったより進めない。早くも「もー疲れた。ペダルをつけて乗りたい」と言い出す。



b0054956_15164093.jpg次に、自転車を押してみて、両足を上げてバランスをとる練習。でも、だんだん親のペースになってしまい、嫌気がさしたのか、挫折モード。



b0054956_1521418.jpgそして、公園の遊具で遊び始めたので、練習はおしまい。帰り道は、自分で押して帰ることに。アスファルトの方が押しやすく、少し自信を取り戻す。



1日目昼
b0054956_15171357.jpgお昼を食べた後、「自転車のりたい」と言ったので、自分で押しながら、今度は違う公園へ。疲れたら自転車を止めてひと休み。スタンドを立てる動作もぎこちなさがなくなり、自転車の扱いにも慣れてきた様子。それでも自転車を倒してしまうことがあり、起こす様子を見ながら、自転車選びの際、軽さは重要だと実感。



b0054956_15253571.jpg公園では、再び私が自転車を押し、両足を上げる練習。少しバランスがとれるようになり「すごいやん!」と言うと、得意げな様子。その後、何度か両足が上げられたが、その度に私が「すごいやん!」と言わないと、自信を失くしてひねくれる。ほめるタイミングって大事。雨が降ってきたので帰る。



1日目夕方
今度はお父さんと公園へ。
が、家を出た時から降っていた小雨が強くなってきたので、着いてすぐ家に帰宅。



その後
b0054956_15265467.jpg平日は乗れないので、週末、スーパーのお買いものに行く時など乗るようにして、自転車に慣れていきました。そして、家の近所で車通りの少ない緩やかな傾斜の道を見つけ、地面を蹴って両足を浮かせてバランスをとる練習をしました。


b0054956_15175782.jpgわりとすぐにバランスがとれたので、ペダルをつけて練習。が、押して歩くと、ペダルが足に当たってしまうので、扱いにくそう。私がハンドルを支えながら、ペダルをこぐ練習。ここでふと、最初に補助輪をつけて、自分でこぐ楽しさを経験させてあげてたらよかったも、と思う。でも、今更補助輪をつけても変なくせがつきそうなので、そのまま継続。



次は、片足をペダルに乗せ、もう片方で地面を蹴り、バランスがとれたら、蹴ってる足をペダルに乗せる練習。ここまできたら、あとは恐怖心の克服が課題。私は横について走るだけ。なるべく、本人のやりたいようにさせる。すると、一瞬だけ、5mほどこぐことができた。「やったー」と大喜び。このまま勢いにのるかと思いきや、この日はこれで終了。

少し間が空いたある週末、久しぶりに練習。私がハンドルを支えながら、ペダルをこぐ練習をしている時、支えている手を少し離してみると、数m進めた。「乗れたやん!」と言うと、喜びのあまり大笑いする娘。それからコツをつかんだみたいで、あっという間に漕ぎ出しもスムーズになり、ついに乗れるようになったのでした。
b0054956_15183036.jpg


という訳で、慎重派の娘ですが、週末+GWの1日30分~1時間程の練習で、約3週間で乗れるようになりました。今回、自転車を買っていきなり補助輪もペダルもはずして練習したけれど、最初に補助輪ありで、自分でこぐ楽しさを経験させてあげてから補助輪はずしに挑戦した方が、もっとスムーズだったかもしれません。あとたまたまでしたが、気候のいい季節に練習を始めたのは正解でした。真夏や真冬では、付き添う親の方も大変だと思います。

[PR]

by 723balance | 2013-06-13 15:27 | 子育て | Comments(2)

Commented by ふみふみ at 2013-06-13 22:25 x
お久しぶりです。ブロウは読ませていただいていたのですが、すみません。いつもコメントなしで…
娘さん、自転車乗れてこれからどんどん楽しくなりますね!実は乗れるようになってからが大変。あちこち自転車で行きたがるのですが、まだまだ自転車漕ぐことでいっぱいで、交通ルールどころじゃありません!」併走したいのですが、フラフラの子供と併走するって難しいですよ~。そして、大分自由に乗れるようになると、移動範囲が増え、気がつくと、結構遠いところにひとりで行ってしまい、大騒ぎ。なんてことが、つい、先日の息子のひと騒動でした!ともあれ、こどもの成長を見守るのは、たいへんですよね~!
Commented by 723balance at 2013-06-14 12:58
:: ふみふみさん
おひさしぶりです♪
マイペースなブログにいつもお付き合いくださって、
ありがとうございます^^

そうなんですよねー。
自転車に乗れるようになったのは、大きな成長だし嬉しいんですが、
乗れたら乗れたで別の心配がでてきますよね…。
娘が自転車に乗る時は、今は家族総出でついていきますが(笑)
一人で出かけるようになったら、本当に心配です。

子どもの成長を見守ってあげたい気持ちと
できることなら危険にさらしたくない本心と…親も大変ですよね(汗)

<< タオル総入れ替え 10周年と… >>