無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 秋の京都 −龍安寺−   

(11/25のつづき)今回は写真を多めにアップしてみました。

b0054956_20325311.jpg仁和寺の紅葉を見た後、龍安寺に向かいました。仁和寺、龍安寺、金閣寺は、近くに位置するように見えて、意外と微妙な距離。自転車でそう感じたんだから、歩くと結構大変かも。

龍安寺は学生の時に1、2度行ったことがあるのですが、久々に行って「こんなに広かったかいな」と思いました(写真の全景図参照)。石庭しか印象がなかったですが、大きな池(鏡容池)があり、その周りに回廊庭園がありました。池に沿って左に進んでいくと、途中で順路と逆を歩いてることに気が付きました。引き返そうかどうか一瞬迷いましたが、そのまま逆走することにしました。特に不都合はなかったです。ちなみに拝観料は500円。

龍安寺の紅葉ですが、山門(龍安寺入口)を抜けて(左に行かずまっすぐ進みましょう)参道を通り、石庭のある方丈に至るまでの道はきれいに染まりつつあって、しばらく紅葉が楽しめそうです。回廊庭園は緑のものが多くまだまだこれから、という感じでした。

山門ともみじ
b0054956_20334475.jpg

石庭
b0054956_1336395.jpg

方丈西庭
b0054956_20332712.jpg

平日なのにたくさんの人           まだ青いもみじ
b0054956_20331942.jpgb0054956_20442873.jpg



龍安寺の景色で特に記憶に残っているのは、しっとり、ふっくらとした質の良い苔でした。そのため全体として青々とした印象が強く、黄や赤に色づいた木々がいっそう鮮やかに目に映りました。もちろん苔の上に舞い降りたもみじの葉も、一段と美しいものでした。

ちなみに、龍安寺は臨済宗妙心寺派に属するようです。おぉ、こんなところでも臨済宗つながりが。臨済宗のお寺は枯山水などお庭が美しいところが多い気がする。禅の宗派だからかな。


方丈の東北に据えてある銭のつくばい。禅の格言を図案化したもの。
「吾唯足知(ワレタダタルヲシル)」
b0054956_1814965.jpg

英訳を見ると… I learn only to be contented.


(つづく)
(その他の紅葉日記については、右側の「カテゴリ」から「京都」へアクセスしてください。)
[PR]

by 723balance | 2004-11-26 20:57 | お出かけ | Comments(0)

<< 秋の京都 −金閣寺− 秋の京都 −仁和寺− >>